おのれ特殊詐欺め!! (# ゚Д゚) 

少し古い話しで申し訳ありませんが、一年ほど前一人暮らしで高齢の母親が特殊詐欺に引っかかってしまいました。 お金の被害もありますが、それ以上に心が折られるダメージも計り知れません。

事後ですが再び特殊詐欺に合わないためにやったこと、万一詐欺にあったときの注意点について感じたことを共有できればと思います。

特殊詐欺への対策

特殊詐欺はその殆どが電話から来るそうです。 しかも一度騙されているのでそのリストは出回っているでしょうから電話の対策は必須です。 当然今まで騙されていない人も接点は電話が多い、となれば詐欺対策がされた電話に変えることは基本でしょう。 

固定電話の対策

詐欺との接点で一番多いのは固定電話、このため対策は必須 そこで詐欺対策が強化された電話機の設置を行いました。 

これは固定電話の電話帳に登録した番号以外からの電話にたいして、電話の呼び出し音+「詐欺電話の可能性があります」というようなアナウンスが流れるもので、電話をかけてきた相手には、通話が録音されるメッセージが発せられるものです。 

最近は詐欺に関係した電話番号を受信しない機能もあるようなので、高齢で一人暮らしの親がいるのであれば まずは電話の対策から始めるのが良いと思います。

携帯電話の対策

母親の携帯電話の設定を変更し、電話帳に登録された人以外からの電話はすべてカットする設定にしました。 携帯をお持ちの場合は設定で対応できるので検討してみてください。

インターフォンも録画機能付きへ

詐欺との接点で最近増えてきているのが直接家に来るパターン、うちの場合は電話だけでしたが、最近はこの家に来るパターンも多いようです。(事故後しばらくは警察官の巡回頻度を上げてもらい対応しました)

このためインターフォンに録画機能がついたものに変更し、知らない人が来たときは基本出ないとしました。

私は騙されない・・・は無い!!

言われつくされていますが、私が騙されるわけない・・・はありません。 相手はどうやって騙すかを常に勉強している いわばプロ集団、今回も親の家族の名前や私の勤務地なども知った上で詐欺を仕掛けていたようです。

少しでも怪しいと思ったら周りの人に相談してください。 でも騙されたことのないお年寄りは、なんで騙されちゃうの??・・・自分だけは大丈夫! と思ってしまうようです。

でも被害は金銭的なものだけでなく、良かれと思ってやったことが実は騙されていた・・・とはホントに心が折られてしまいます。  自分から詐欺にあった!と開き直れる人はいいのですが、多くの人が内にこもってしまい精神的に疲弊しちゃうので注意してほしいと思います。

万一騙されたとしても

高齢者が詐欺にあった事を子どもたちに話すと、何でだまされちゃうんだ・・・とか、***万円も取られたのか・・・とか つい被害にあった高齢者が騙されたことを非難しがちです。  私もこの事件がなければ、詐欺のニュースを見ても つい被害者に対して「何やってんだか・・・」と思っていました。 

でも詐欺は本人の家族や子どもたちを思う気持ちを利用して詐欺を働きます。つまり被害にあった高齢者は 家族のために良かれと思ってやった行動であり、騙されたこと自体で 本人も相当落ち込んでいるはずなのに、さらに周りから騙されたことを避難されたらホントに心が折れてしまいます。

高齢の被害者本人については

騙されたことや被害額は つい隠したくなりますが、息子や娘には話しておくこと こもっていると精神的に参ってしまうこと。 これはおふくろも相談した警察官にも言われていたようです。

被害者の息子や娘の対応

被害者は家族や息子・娘に良かれと思って行った行動です。 結果的に騙されたとしても決して非難をしてはいけません。

幸い私の母親は騙されちゃった〜と開き直れるタイプでよかったのですが、それでも2〜3ヶ月は落ち込んでいたので心配でしたね、 とにかくいつでも誰でも騙される可能性があることを肝に銘じて、怪しいと思ったらすぐ警察やまわりに相談です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする