固定費の削減/格安スマホの契約を見直したら更に安くなった

格安で使えるスマホ、大手キャリアのような契約の縛りもなく値段も安いのに加え、最近ではイオンモバイルのように、格安スマホでありながら店舗でサービスが受けられるスマホもあり利用している人も多いと思います。

元々安く使える格安SIM、通話もほとんどがLINEなんで、料金を気にして使っていませんでしたが、格安スマホでもたまには料金プランを確認したほうが良いよ、という話です。

格安スマホなのにメーカーで料金に差が!?

妻は格安スマホとして数年前にイオンスマホを購入、音声SIM(データ1G)で契約 端末は最初に一括購入、基本料金+通話で月々2000円ほどかかっていました。

私はFreetel(今は楽天ですね)で、端末は最初に一括購入、契約は音声SIM(データ1G)、後に契約を乗り換えてデータは使った分だけプランに・・・

月にかかる費用は1100円~1300円位です。 普段はデータ節約モード、動画も外では見ないためのため1G使わないのですが 妻との料金差が月に1000円もあります。

元々 妻は大手キャリアのスマホを使っていたので月2000円の通信費はかなり安くなり、料金差1000円は気にしていなかったのですが、妻の端末買い替えをきっかけに調べてみると意外なことが判明しました。

イオンスマホ:
イオンが端末とBiglobeのSIMを組み合わせて販売していたもので、SIMの契約はBiglobeとの契約となります。

判明したこと

1:端末の故障などを保証するオプションが入ったままになっていた(500円/月)

2:SIM契約にはBiglobeの会員になる必要があり、会員費が200円/月取られていた

Biglobeから別のSIMに乗り換えれば会員費200円は不要となる。 オプションが入ったままになっていた経緯は不明、端末購入時の3ヶ月無料キャンペーンの解約忘れと思われるが、即解約。

これだけで月に700円の固定費浮きます。 購入したのが2年以上前なので、トータルで16000円以上無駄なお金を支払っていたことに・・・

では何処のSIMに乗り換えるか?

MNPを利用して別メーカのSIMに乗り換えることにしました。 では何処がいいのか?  あくまでも我が家の環境ではイオンモバイルが適当と判断し乗り換えることにしました。

1:乗り換えキャンペーン

イオンスマホ(Biglobe)からイオンモバイルに乗り換えるときに、かかる事務手数料3000円が1円になるキャンペーンを実施していたこと。

2:料金プランでデータ1Gからある

ホントはLINEの通信が無料になるLINEモバイルを考えていたんですが、当時3Gからしかブランがなかったんですね。 家ではWIFIなので1Gあれば間に合う、1Gから契約できるイオンモバイルはその分基本料金が安い。

3:料金プランがわかりやすい

比較的シンプルな料金プランなので好印象、私の場合は強制的に楽天モバイルになってしまいましたが、キャンペーンだらけでHPわかりにくく 妻が使うことを考えればシンプルな方が良いと判断。

4:店舗でのサポートがある

格安スマホの中で比較的早い時期から店舗でのサポートをしているのがイオンモバイルです。 他にもY!mobile UQ Mobile 等々店舗があるメーカも増えてきており、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機など家電量販店でもカウンターを設けているところもあります。

イオンモバイルは買い物ついでにサポートが受けられるのが良いですね!

BiglobeのMNP転出手続きは完了しているので、今から乗換の手続きに行ってきます。  端末を一括購入してイオンカードで支払えばポイント還元も受けられるはずです。 (*´∀`*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする