人気のS&P500/何を買うべきか解説します

投資初心者さんがインデックス投資を始めるならば、「S&P500」は必ず検討対象になるほど人気になってきたと思います。人気の理由は有望な米国株式全体を買うようなインデックスで過去から右肩上がりで成長し続けている指数だからですね。

つみたてNISA対象にもS&P500をベンチマークにする多くの投資信託がありますし、投資初心者さんが初めて買う商品として、投資のコアとしてどなたにでもおすすめできますね。

世界最強のインデックスとも言える「S&P500」、年4回組み込み銘柄の見直しがされて常にピカピカの優良企業が500銘柄揃っています。米国の...

念の為補足ですが、このS&P500あくまでも指数であって直接S&P500が買えるわけではありません。S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出している米国の株価指数のひとつ。

S&P500を買うということはこの指数に連動するように設計された金融商品を購入することになります。購入できる方法は主に投資信託・米国ETF・国内ETF、どの方法でもS&P500を購入することが可能です。

ではどの方法で購入するのが良いのが、今回はそれぞれの特徴を整理しておきたいと思います。

ざっくりといえば買い方にはこんな違いがありますね・・・

通貨について
分配金有無について
二重課税調整について

通貨について

S&P500をベンチマークにした商品は当然米国企業を組み入れるのでドルの購入が前提、このためS&P500を買うためには米ドルが必要になるわけです。

これに対して投資信託や国内ETFは円で購入が可能です。これは投資家本人が米ドルを準備しなければならないところ、証券会社が代わりにドル転して準備してくれるので投資家の利便性を考えての運用だと思います。

円で購入しても米ドルで運用していることになる

投資信託や国内ETFはドル転の手間やタイミングなどを考えなくて済むので非常に手軽です。また米国ETFでも「米ドル決済・円決済」が選べるようになっています。購入時に円決済を選べば投資信託や国内ETF同様に円で手軽に購入することができます。

ただ将来別の米国株を買いたいとか、円転のタイミングを自分で決めたいというような何らかの目的があれば迷わず米国ETFでドル決済ですね。

分配金有無について

S&P500に組み込まれている銘柄には当然ですが配当金を出す銘柄も多数あります。このため年に数回配当金が支払われるのですが、投資信託は原則無配となります。

これは企業より配当金が支払われていないのではなく、利益を確定せずに配当金を自動的に再投資に回すために無配となっています。

なぜこのようなことをするのかといえばパフォーマンスの最大化です。配当は支払われるたびに20%課税されますが配当を支払わなければ税金はないので、この課税相当の20%をそのまま再投資に回しパフォーマンス向上を狙っているわけですね。

もちろんいつかは現金化するでしょうからその時に課税されますが、税金を後回しにすることで資産額をより大きくする効果を狙っています。

なので配当金がほしいというのであれば米国ETFか国内ETFということになります。

二重課税調整について

S&P500は米国の指標ですから配当金に対して米国で約10%課税されて、その後日本でも20%課税されることになります。これが二重課税と言われるもので、確定申告で外国税額控除を行うことで一部を取り返すことができます。

これに対して2020年1月1日より外国所得税が考慮されて課税されることになりました。つまり二重課税が解消されるので確定申告も不要ということです。

これまで、お客様が証券会社等に開設している口座で保有する投資信託等について、外国株式への投資から得た利益が分配金に含まれている場合には、その投資信託等が外国において徴収された納税額(外国所得税額)と、お客様が受け取る分配金に対する所得税等で、二重に課税が行われている状態にありました。
これについて、証券業界は改善を要望していたところ、2020年1月1日より外国所得税額を考慮して所得税等が課されることとなりましたので、制度の概要についてご案内いたします。

なお、この二重課税調整措置について、お客様で必要な手続きはなく、2020年1月1日以降に支払われる投資信託等の分配金に対して、自動的に適用されます。

(日本証券業協会)

二重課税調整のイメージ

投資信託は原則無配ですから二重課税の対象になりませんが、配当があった場合は自動的に調整された後に支払われることになります。

またこの制度の対象は外国籍のETFは対象にならないそうで、例えば国内株式に上場している1557は二重課税調整の対象外、1655や2558は二重課税の対象になるそうです。

1655だってブラックロックじゃなかったっけ?私もそう思いましたが、運用会社名を見ると「ブラックロック・ジャパン」でしたね。ちなみに2558は「三菱UFJ国際投信」です。

投資信託は自動的に調整
・米国ETFは確定申告(外国税額控除)で一部取り返せる
・国内ETFは運用会社によって二重課税調整可否が決まる。否の場合は米国ETF同様に確定申告(外国税額控除)で一部取り返せる

まとめ

投資方法の特徴を見てきましたが、同じS&P500をベンチマークにする商品でもそれぞれ特徴があります。

一番手間がかからずに高パフォーマンスを狙えるのが投資信託、円で気軽に少額から買えること、自動的に配当金を再投資し税の繰り延べ効果とパフォーマンスの最大化が狙えること。また積立設定をすれば自動積立も可能だし、つみたてNISAを活用することも可能です。

なので個人的におすすめなのは投資信託によるS&P500への投資です。

最近はSBI証券会社では米国ETFの積立が可能になってきましたし、利便性がかなり上がってきています。基本は米ドルによる運用になりますから将来的に多様な米国株式に投資をしたい等、米ドルのニーズが有るならばこれですね。ただ配当金は確実に二重課税となりますから外国税額控除を活用するか、少額ならば無視するかという判断は必要です。

国内ETFも米国ETFも基本は円で購入するかドルで購入するか・・・ただ配当金の二重課税調整を行う商品とそうでない商品があるので、二重課税調整を行う商品を選んでおくほうが良いですね。

もちろん同じものに投資をするならばコストが安いことが基本ですから購入時の手数料、信託報酬、売却時の手数料(信託財産留保額)は比較しておくことおすすめします。

個人的おすすめ 参考まで

投資信託:
 SBI・V・S&P500
米国ETF:
 IVV  iShares Core S&P 500 ETF
 VOO バンガードS&P・500 ETF
国内ETF:
 1655  iシェアーズS&P 500 米国株 ETF

それでは、また!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする