最強インデックスS&P500/投資初心者さんはこれだけでいいのか?

世界最強のインデックスとも言える「S&P500」、年4回組み込み銘柄の見直しがされて常にピカピカの優良企業が500銘柄揃っています。米国の優良企業にまるっと投資できるのでまさに米国全体のパフォーマンスを享受できる指数ですね。

そもそも米国は先進国の中でも人口増加しており、イノベーションがどんどんと生まれている国、投資家への還元意識が強く法整備も整っているので今後も成長が期待できます。

過去の成績も長期できれいな右肩上がりで推移していますから文句のつけようがありません。

またS&P500は米国株ETFだけでなく投資信託や日本国内でもETFとして上場していますから様々な方法で購入することが可能、投資信託はつみたてNISA対象でもあるので手軽に買えるのもいいですね。

最強インデックスを手軽に買える時代、いい時代になってきました

さて、S&P500ですがインデックス投資の1つの最適解として定着してきた感はあります。しかし投資初心者さんはこれだけに投資すればいいのでしょうか? 今回は投資初心者さんはS&P500だけでいいのか、注意点はなにかを考察してみたいと思います。

結論:投資を初めてしばらくはS&P500一択でOKだと思います。

投資の目的と作戦
S&P500が万全ではないケースも
必ず暴落は起こる

投資の目的と作戦

インデックス投資は時間をかけて再現性高く資産を育てる投資方法ですから短期的に設けたいと考える人が買っても期待どおりにはなりません。

S&P500でインデックス投資をしたときのリターンのイメージは以下の通りです。

試算例:過去20年で見ると平均リターンが年9%を超えているので余裕を見てリターンを5%とすると、月に3.3万円(つみたてNISA非課税枠)の積み立てで20年後・・・
 元本   792万円
 資産額 1356万円 になる計算です

当然ですがリターンはマイナスの年もありますし暴落もあります。試算通りにはならない可能性が大ですが、過去15年以上運用していればどの時期をとってもプラスになるという結果も出ています。

S&P500のインデックス投資で資産を育てるには大きな時間がかかります。なので一般的には若いうちから老後資金の準備のためにコツコツと少額を積み上げるような使い方が適当です。

でも本業や副業で収入を増やし、積立額をあげることでFIREを狙うような使い方も可能、まともなインデックス投資のリターンは上記のとおりですからここをおさえて目的が達成できるような作戦を立てることが必要です。

また作戦を立てるにあたって、一般的にはリスク資産には一定の割合で債券を組み入れることが推奨されていますが、投資を初めて資産がまだ小さいうちは債券不要で株式一択がおすすめです。

資産が小さいうちは株式一択でいいと思う

債券はリスクを下げる、つまり資産の値動きをマイルドにして損失を和らげる一方でリターンも抑えてしまいます。資産が小さいうちは損失があってもその金額は小さくてすみますからここはリターンを重視する。そしてある程度の資産規模になってもポートフォリオに一定の現金があれば事足ります。

なのでつみたてNISAやiDeCoも積み立てられる金額が大きくないのでバランス型や債券を組み込んだものは選ばずに株式一択をおすすめしますね。

じゃあ債券不要なのか? 個人的にはポートフォリオの現金は機会損失だ・・・と思う場合には債券を組み入れて分配金を狙えばいいのでは?と思っています。 

一般論を鵜呑みにせず、なぜそうなのかを考えて自分なりの作戦を考えていきましょう。

参考までにコロナショック時の株式と株式+債券の値動きチャート(過去3年)を記載しておきます。
 緑 :S&P500、債券 50:50 (SPY+AGG)
 水色:S&P500 100(SPY)

コロナショック時(’20年2月)には株式(水色)と債券組み合わせ(緑)の値動きに大きな差があることがわかるでしょうか、このように債券は暴落時に心の支えになってくれます。 またその後のパフォーマンスにも大きな差が出ていますね、債券を組み入れるというのはこういうことです。

S&P500が万全ではないケースも

S&P500はビカビカの米国優良企業郡ですからインデックス投資や投資のコアとして多くの人にとっての最適解になりえます。

ただ弱点は今後も米国株式が世界経済の中心にあるのか?現在株式の時価総額で見れば世界中の約6割が米国株式ですから今後も当面は米国一強が続くでしょう。でも50年後、100年後はどうなっているのかはわかりません。

私達が生きて投資をしている間は米国一強が続くでしょうから、現在は投資の最適解の一つがS&P500へのインデックス投資、もし子供に資産を相続するなど超長期での運用を考えているならば全世界株式への分散という考え方も頭に入れておいたほうが良いです。

全世界株式への分散といえばバンガードの「VT」が有名ですね。全世界株式は米国一強が終わり別の国が経済的覇権を握るとするならば自動的にその国の株式の割合を増やして運用を続けるファンドです。どの国や地域が勝つのか予測しないというのが面白いです。

ただ分散が進めばその分リターンが下がってしまうのは悩ましいところです。

必ず暴落は起こる

インデックス投資で現在は最適解と言えるS&P500ですが、いままでずっと調子が良かったわけではありません。

例えばバブル崩壊の影響で長期にわたって株価が伸びなかった時期もあります。

SPY(S&P500)

2000年のドットコムバブル、2007年のリーマンショックと続けて2回の暴落を受け、2000年から2013年まで株価は上がっていないのがわかると思います。このように約13年と長期にわたって最高値を更新しない時もあり、このときはBRICsと言われる新興国の成長が著しく米国株投資はあまり注目されていなかったと言います。

もしS&P500を運用していて長期の暴落相場が訪れたときにどうしますか?成長している他の国や地域に乗り換えますか?

インデックス投資は将来的に長期に渡って成長すると革新できる国や地域に長期投資するのが原則なので米国のメリットが無くならない限りは乗り換えはしません。

冒頭にも書きましたが米国のメリットは「米国は先進国の中でも人口増加しており、イノベーションがどんどんと生まれている国、投資家への還元意識が強く法整備も整っている」ことだと思っています。なぜ米国が成長し続けるのか自分なりのストーリーをイメージしてその前提が崩れない限りは乗り換えはなしというのが原則だと思います。

全世界株式は自動で組み込み銘柄を調整しますから何もしなくても良く、楽ですね。

最近は米国株式投資がかなり盛り上がっています。つみたてNISA対象商品も米国株式に投資をするファンドの数は多く人気のほどが伺えますね。 ...

まとめ

米国の最強インデックスであるS&P500について投資初心者さんがこれ一択でいいのか考察してみました。

投資初心者さんは当面これ一択でOK

米国のピカピカの優良企業500銘柄が組み入れられており、S&P500に死角なしという感じです。つみたてNISAを活用して非課税枠を使い切ってしまいましょう。

また一般的に債券を一定の割合で組み入れるのが推奨されていますが、資産規模が大きくなってから考えたらいいことです。少額のうちは株式のみでパフォーマンス重視することがおすすめ、なのでバランス型のファンドは微妙だと思っています。

あとはどんなに優れたインデックスでも暴落はあります。長期にわたって高値を更新しなかったりしますが基本は淡々と積み立て投資。なぜならば長期的に成長すると信じられる国や地域に分散投資しているはずだからです。

最強インデックスのS&P500も道具ですからどのように活用するのか自分なりの作戦を考えていくことおすすめします。

それでは、また!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする