初めての投資信託/ポイント活用でお得に投資しよう

投資信託を始めよう!そのための考え方を数回にわたってまとめてきました。投資を始めるステップから商品の決め方、運用する前に知っておきたいことをまとめていますので、これから始めるという方はぜひ参考にしてみてください。

将来のために投資信託を始めよう!投資信託は最低100円から投資が可能なのでお手軽に資産運用ができます。手軽に投資を体験できるのは投資を考え...

今回は実際に投資をする上でお得な情報をまとめておきたいと思います。あくまでも投資の本質的なところでは無いのでこだわる必要はないのかもしれませんが、知っておいて損はありません。

楽天ポイントが最大6000ポイントもらえる
楽天市場での買い物でポイント還元率が1%増える(SPU)
つみたてNISAでも使える

また実施するときの注意点についてもまとめておきたいと思います。

楽天経済圏に入る
楽天証券で「つみたてNISA」口座開設
注意点について

楽天経済圏に入る

楽天ポイントは比較的たまりやすいポイントで、貯まったポイントは楽天提供する様々なサービスで利用することができます。 詳しいことは割愛しますが楽天市場や楽天モバイル、楽天電気、楽天銀行、楽天証券・・・他にも様々なところで使えるので貯まったポイントで固定費を支払えばかなり節約にもなります。

そんなにポイントたまらないでしょう・・・と思われるかもしれませんが、楽天証券でも楽天カード払いで1%のポイント還元があります。(月5万円まで)

もし投資信託を月に5万円づつ積み立てると年間6000ポイント還元です。このポイントは楽天電気や楽天モバイルなどの固定費として使ってもいいですし、楽天証券で投資信託を買ってもいいわけです。

楽天証券で「つみたてNISA」口座開設

投資の基本は非課税制度をフル活用することです。特につみたてNISAは使い勝手がよく、金融庁が決めた基準に基づく投資信託が対象なので罠のような商品は扱っていません。

初めて投資をしようと考えたときに、まず使うべきは「つみたてNISA」年間40万円までの投資枠に対して利益が非課税になるからです。非課税制度...

また楽天証券ではつみたてNISAも楽天カードで支払いが可能ですから非課税枠をフル活用しながら更にポイント還元が可能です。

つみたてNISAは年間の非課税枠は40万円までです。楽天カードでポイント還元の上限が月5万円(年間60万円)ですからつみたてNISA分の楽天ポイント還元が4000ポイント、余力があって年間40万円を超えて投資をしたい場合でも楽天カード払いにすれば追加で最高2000ポイント分がお得になります。

具体的な設定方法などは楽天証券HPで解説していますのでそちらを御覧ください。
また、たしか楽天カード+ポイント払いの併用で500円以上の投資をするとSPU+1倍だったと思います。

注意点について

投資信託を選ぶポイントは何に投資するファンドか、あとは同じものに投資しているならば手数料は安い物を選ぶことが鉄則です。

ポイントは信託報酬(年間の運用・管理費)の安さ、ここは比較しましょう。同じ投資対象であっても商品によって信託報酬は様々です。

例えばつみたてNISA対象で、S&P500をインデックスにしているファンドはこれだけあります。
(2021/10/20調べ)

米国株式インデックス・ファンド
iFree S&P500インデック
農林中金<パートナーズ>つみたてNISA米国株式 S&P500
NZAM・ベータ S&P500
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
つみたて米国株式(S&P500) 
SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
Smart-i S&P500インデックス

この中で信託報酬が0.1%を切っているのは「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」と「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」だけです。あとは0.2%以上、中には0.495%というのもありますね。

信託報酬が0.2%というのは100万円分の資産運用している場合、維持管理の手数料が年間2000円となります。これでもかなり安いのですが、同じものに投資していても信託報酬0.1%以下と0.495%では 年間4千円くらいの差が出てきます。(実際には隠れコストがあるのでもう少し高いです)

また証券会社で扱っている商品は様々、例えば楽天証券では「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」は扱っていません。となると楽天カード払でポイントもゲットしようとするとS&P500の場合は「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」一択ということになりますね。

この様に扱っている商品は証券会社によって異なるので、証券会社を決めてから商品を選ぶ場合は何をインデックスにしているのか、コストは・・・という目線で商品選びをしてください。

まとめ

投資の本流ではありませんが、知っておくとオトクな情報として楽天カードで積立投資ができ、楽天ポイントがつくことを紹介させていただきました。

楽天証券は使いかってもよいので投資初心者さんにはおすすめできます。楽天カードを持っているならば楽天証券と楽天カードによる積立投資をぜひ活用してみてください。

またつみたてNISA対象商品は金融庁のHPで公開されています。しかし各証券会社ではこれらすべての商品を扱っているわけではありません。なので楽天証券に欲しい商品がない場合は ほしい商品と同じインデックスのファンドを選ぶこと、その中で信託報酬を比較して、より安いファンドを選ぶこともポイントの1つです。

それでは、また!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする