米国ETFまとめ/ここから選んどけば間違いない!

今までいろいろなETFを調べてきましたが、一度まとめておきたいと思います。 それぞれのETFについて特徴を知っておかないと選びようがないですからね。

ここに上げたETFは米国のETFとして有名なものです。 各ブロガーさん達も取り上げているものばかりなので 投資初心者はこの中から自分の環境に合わせて選べばおおよそ間違いはありません。

米国の有名なETF比較

有名なETFの配当や経費率等について一覧表にしてみました。 この中で私が絶対的に信用しているのはVTIとVYM  VTIは米国全体に投資するETFでその銘柄は約4000もあります。 VYMは米国の中でも高配当に的を絞り約400社を組み込んているETFです。

配当含めたトータルのリターンはほぼ変わらないので将来的に配当をMAXにしたいのであればはじめからVYMが良い気がします。(VTIからVYM乗換すると、それまでの利益に対して20.315%もの税金がかかるためパフォーマンス的に不利)

米国ETF比較(2018,5/29調べ)

ティッカー カテゴリー 配当利回り 経費率 純資産
(百万米ドル)
設定日
VT 外国株式 2.08 % 0.10 % 11,862.70 2008/06/24
VWO 外国株式 2.38 % 0.14 % 67,121.40 2005/03/04
VWOB 外国債券 4.68 % 0.32 % 1,008.90 2013/05/31
IVV 米国株式 1.78 % 0.05 % 142,638.50 2000/05/15
PFF 米国株式 5.62 % 0.47 % 16,203.20 2007/03/26
QQQ 米国株式 0.77 % 0.20 % 60,007.80 1999/03/10
SPY 米国株式 1.78 % 0.09 % 254,672.40 1993/01/22
VOO 米国株式 1.77 % 0.04 % 87,296.90 2010/09/07
VTI 米国株式 1.68 % 0.04 % 93,251.10 2001/05/24
VYM 米国株式 2.89 % 0.08% 20,507.10 2006/11/10
HDV 米国株式 3.54 % 0.10 % 6,007.70 2011/03/29
AGG 米国債券 2.46 % 0.06 % 55,830.10 2003/09/22
BND 米国債券 2.63 % 0.05% 36,568.30 2007/04/03

VTは世界全体に投資するドル建てETF

世界中に分散投資したいのであればこれ一本で世界中に分散投資できるVTは有力な選択肢となりえます。 ただ米国株式の比重が50%を超えるので何となく中途半端な気がします。 つまり米国全体に投資する高パフォーマンスのVTIを、米国以外の先進国や新興国の株式で割って薄めたような気がしてなりません。

今後、米国以外の先進国や新興国が大きく伸びる、とりあえずほっぽらかしで運用したい と考えるのであればVTは良い選択肢になるものと個人的にはそう思います。

今回はバンガード・トータル・ワールド・ストック ETFを確認します。 VTは世界中の株式に分散投資するタイプ、米国での人気はいまいちですが、...

VWOは新興国株式

発展著しい中国を中心に台湾やインド、南アフリカ、ブラジル等々へ分散投資するETFです。 今の所右肩上がりな動きはありませんが将来的に新興国が大きく伸びると考えるのであればポートフォリオに入れたいETFです。 VTIとVWO、それに今回取り上げていませんが、米国を除く先進国ETFのVEAを加えるとVTに近いものができます。

新興国市場の大型株・中型株・小型株に連動留守VWO、資産額も多くアメリカの投資家に人氣のETFです。なんとなく自分のイメージだんだけど ...

VWOBは新興国債券

新興国債券については保有する意味があるのか悩むところがあります。確かに高配当ですが債券と株式を比べると株式のほうがパフォーマンスが良いことが知られていますし、長期運用ではVWOBはあまり意味を持たないかもしれません。

でも過去の例を見ても株式暴落時は債権は安定しているのでリスクヘッジとなりえます。

VWOBのインデックスは「ブルームバーグ・バークレイズ米ドル建て新興市場政府債RIC基準インデック ス」となっており、残存期間1年超債券で構...

IVV、SPY、VOOはS&P 500 連動ETF

米国の大型株約500銘柄を組み込んだETFです。 どれもベンチマークが同じなのでパフォーマンスも同じとなります。 トータルのリターンはVYMよりはやや多く、VTIとの比較ではほぼ同じ あとは好みの問題かと・・・

私の場合はVTIが約4000銘柄を組み込んでいるのに対してS&P500連動ETFは500銘柄 トータルリターンに大きな差がないので分散が進んでいるVTIを選んでいます。

S&P500連動のETFは日本で購入できるもので3つもあります。 つまり S&P500が米国の代表的な経済指数であることが容易に想像できます...

QQQはテクノロジー関連の銘柄が多い

テクノロジー系は近年大きく発展しています。 今後も新たな業種が生まれたとしてもテクノロジー系はついて回るので今後も大きく発展すると考えています。

なお、今回取り上げたETFの中ではトータルリターンが一番大きいのがQQQ、株式暴落時にぜひ買いたい!!

QQQは今回はNASDAQナスダック 100に連動するETFです。 純資産も4.1兆円と大きく人気のETF、IT系の企業株価を反映する指標と...

AGG、BND共に米国債券ETFです

最近米国の利上げの影響で値を下げていますが、株式と債券は基本逆に動く事からポートフォリオのバランス取りにもってこい。 リーマン・ショック時もあまり影響を受けていないので、私は株式暴落があったときには売却して暴落した株を買い増しする・・・などと考えています。

10年債利回りは3.11%に上昇というニュースが入ってきました。 という事は米国の債券ETFは軒並み値を下げているはず、ということで米国債券...

今まで調べたETFを一言づつ簡単に言い表してみました。 これがあればポートフォリオを組むのも楽になるので是非参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする