バランス型ファンドが投資初心者に合わない理由まとめ

バランス型のファンドと株式だけのファンド、投資初心者はどっちがいいのでしょうか?結論から言えば本人のやりたいようにすればいい・・・となります。

あえて言えばバランス型ファンドはすでに大きな資産を持ち、また投資に時間をかけたくないベテランならば有効活用できると思いますが、投資初心者がするべきものではないと個人的には思っています。

投資初心者に大切なこと:
長期的に続けられること、そのためには適正なリスクをとることです。

投資初心者とは:
投資初心者とくくってみましたが、要するにまだ投資を始めたばかりでリスク資産の規模が小さく、また比較的投資期間も長く取れる若い人という前提です。

わからなかったら、迷ったらバランス型となりがちですが、今回は投資初心者の方があえてバランス型を選ぶ必要はないということをまとめてみます。

バランス型のファンドは初心者向け?

投資商品に初心者向けやベテラン向けというものはありません。ただバランス型は株式100%よりは値動きがマイルドになる場合が多いので精神的にラクという事は言えます。

大切なのは長期間運用をつづけること、長期的に投資ができない理由は激しい値動きにまいってしまう場合が多いといいます。やめないまでも大きく値を下げたときのストレスは相当なものだと思いませんか。

そういう意味では値動きがマイルドなバランス型は初心者におすすめという見方もできます。しかし値動きがマイルドということは効率が悪いとも言い換えることもできますね。

特に投資初心者=まだ資産規模が小さいのであれば、大きくマイナスしてもダメージは少ないですから投資効率を落とさない方が有利、つまり期待リターンの大きな株式100%がおすすめなんです。

またリスク許容度を図る意味でも、値動きになれるためにも資産が小さいうちは株式100%がいいと思っています。

バランス型はiDeCoやNISAに向いているのか?

投資をする場合はまずiDeCoやNISAといった税制的に優遇された口座を使い切ることが大切です。利益が非課税になるわけですから使わない手はありません。

ポイントは期待リターンが大きな株式を非課税口座にして、期待リターンが小さな債券は通常口座とするのが税金的にも有利であることは言うまでもありません。なのでiDeCoやNISAといった税制優遇口座は株式100%、あえてバランス型にして期待リターンを下げることはありません。

債券の扱いについて(現段階ですが)

また近い将来価格が下ることが見えている債券を今あえて組み入れる必要があるのか・・・という疑問があります。

金融政策が正常であれば、その先はどっちに転ぶのかはわかりませんが、いま世界中でコロナ対応として低金利政策を行っています。なので近い将来金融政策が正常化されれば債券価格は下がるのは避けられないと思うわけです。

つまりバランスファンドを通して債券ポジションを取るのは微妙ではないかと・・・

資産状況が把握しにくい

投資の基本だと思うのですが、何にどのくらい分散しているのかを把握しておくことは大切です。

少しリスクを取りすぎてるから現金の比率をあげよう・・・とか、株式の割合が増えてきたのでリバランスしよう・・・など判断が必要ですからね。

その意味でバランス型のファンド一本の場合は資産配分が固定なのでまあわかりやすいと思います。しかし他のファンドを組み入れたりするととたんに資産配分の把握がめんどくさくなるのが問題です。

その意味ではじめからバランス型は不要と思うのです。なのでバランス型で行くというのであればそれ1本というのが良いと思います。

またバランス型は資産配分が固定で微調整が効かないのですが、逆に考えればこれはバランス型ファンドのメリットかも知れません。個別に持っているとつい相場をよんでみたり、比率を変えてみたりと余計なことをしがちですからね。

まとめ

投資初心者があえてバランス型のファンドを買う必要はないと思います。また資産が小さいわけですから期待リターンが大きな内外の株式に投資をするのが正解だと思います。

期待リターンを大きくすれば資産が増えるスピードも早いでしょうし、自分のリスク許容度を図ったり価格変動にもなれることができます。

またiDeCoやNISAといった税制優遇制度も、より恩恵を受けるには期待リターンが高いほうが有利です。つまり期待リターンが小さい方を課税口座、大きい方を非課税口座にするわけです。

他にも今債券を組み入れることの微妙さや資産状況の把握が難しいことが 初心者はバランス型じゃなくていいんじゃない・・・という理由です。

でもすでに大きな資産を持っている・・・とか、ベテランさんが管理をラクにしたい・・・とか、投資経験が無いのだけど退職金などまとまったお金が入ったという方がファンドを買うならばバランス型も有効かもしれません。

あくまでも投資の目的に応じて最適な方法を自ら考えることが重要ですね。

それでは、また!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする