最速で1000万円/仕組み化の前に知っておきたいポイント3つ

先日、仕組み化で最速で1000万円を目指す記事を書きました。仕組み化して無理はしない、そして気がついたら貯まっている状況を目指そうというものです。

でも実は考え方の方が実は重要と思ったので、追加で記事を書くことにしました。最速で1000万円を目指すための仕組み化をする前に・・・知っておきたいことは3点あります。

・労働でお金を稼ぎ積み上げること
・投資に過度な期待をしないこと
・1000万円ためた経験はきっと役に立つ

労働でお金を稼ぎ積み上げること

前回の記事で積み立てる仕組みを作ること・・・その方法は貯金でも投資でもOKと書きましたが、自ら労働で稼いで資金を積み上げることが基本です。

なぜならば投資のリターンは資産額が大きくなれば馬鹿にできない金額になりますが、少額の場合はリターンも小さいので、あまり生活に対するインパクトがありません。

リターンが5%/年だとすると・・・
   10万円 ⇒ 5,000円
 100万円 ⇒ 5万円
  1000万円 ⇒ 50万円

資産は(入金+資産)×利回り で増えていきますから資産が小さいうちは入金の方が影響が大きいことになります。なので初めは固定費削減や副業などで入金力を上げるほうが手っ取り早いわけなんです。

投資に過度な期待をしないこと

資産は(入金+資産)×利回り で増えていきます。なので入金力と資産が小さくても利回りが大きければ資産も大きく増えることになります。

だったら期待されるリターンが 5%よりも10%、20%と高いリターンを狙えばいいのでは・・・と言う考え方もありますが 高いリターンは大きなリスクを伴いますから安易に高いリターンを狙うのは微妙ですね。

S&P500の長期リターンが平均5%くらい
⇒ S&P500に長期投資していれば誰もが5%位のリターンが狙える

これを超えると再現性が低くなる
⇒ リターンが高くなればその分リスクも増えます。投資というよりも投機に近くなっていくので勝てるのは一部の人となり再現性は低くなっていきます。

当ブログでもおすすめしているS&P500やVTIのリターンは過去の実績から5%位が期待できます。しかも5%は長期間の平均なのでかなり再現性は高いのではと考えています。

なので普通の人は大きなリスクを取らずにS&P500やVTIのインデックス投資を中心にすることをおすすめしているのです。

とは言うもののしっかりと勉強してしっかりとリスクを取る、負けてもリカバリーする時間が取れる・・・などであれば個別株や信用取引とかを検討してもいいのかもしれません。(あくまでも自己判断でお願いします)

1000万円ためた経験はきっと役に立つ

普通の収入で1000万円という資産を築くことができた人は自分なりの資産の増やし方を知っているはずです。

日本人の平均収入は国税局の民間給与実態調査によると、平成30年では平均年収は441万円となっています。つまり年収の2年以上ものお金を貯めるわけですから無理な節約をしても達成は難しく、自分なりの方法を身につける必要があります。

この自分なりの方法とはズバリ固定費の削減と何にお金を使うのか・・・この2点に集約ですね。「自分にとって無駄なものにはお金を使わずに、大切なものにお金を使う」これが両方ともできなければ1000万円ものお金を貯めることはできないと思うのです。

そして、それは更に2000万円、3000万円と資産を増やすのにも有効でしょうし、ここに投資を組み合わせると更にパワーアップするのは言うまでもありませんね。

前回の記事で書いた仕組み化は「自分にとって無駄なものにはお金を使わない」ことを強制するためにやす吉がやっている仕組みの一例です。

米国株式のリターンはだいたい5%位と言われていますが、100万円の株式で5万円のリターン、1000万円ならば50万円、当たり前ですが規模が...

他にも各自やりやすい方法で無駄なものにお金を使わない方法を考えてみてください。ポイントは必要でもないものを必要と思いこんで契約しているもの、買うのが常識だと思うもの・・・この常識を疑うことです。

なぜ生命保険に入ってるの? なぜ新車が必要? 社会保障でどのくらい保証されるか知ってる? 

これって自分の価値観との対話ですけれど、できるようになれば1000万円は近いでしょう。逆になんとなく買っている、周りが必要というから・・・これでは1000万円は遠そうですね。

書きながらなんとなく思ったのは、そういえば「大切なものにお金を使う」って自分でも意識していなかったと思いました。多分大切なものにはお金を使っているのだけど意識したことはなく、その判断基準も曖昧でしたね。やす吉もまだまだ勉強が必要です。


インデクス投資について投資信託がいいのか、直接米国ETFを買うのがいいのかをまとめました。どうやら投資信託は分配金を出さない方針のようなので手数料を考えても投資信託の方に分がありますね。

やす吉がインデックス投資で積み立てているのは「楽天・全米株式インデックス・ファンド」、そう楽天VTIです。 なぜ本家ではないのか、そ...

投資をすすめる上でリスク許容度は大切です。特にやす吉含め投資初心者の方は自分のリスク許容度以上のリスクを取る傾向があるので注意が必要です。

なんのために投資をするのか??お金を増やしたいからに決まっていますよね。 やす吉が長期投資を勧めているのは、低リスクで再現性高く資産を築け...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする