最速で1000万円/仕組み化すれば楽に貯まる!

米国株式のリターンはだいたい5%位と言われていますが、100万円の株式で5万円のリターン、1000万円ならば50万円、当たり前ですが規模が大きければその分リターンは大きくなります。

このため0から1000万円までと1000万円から2000万円、そして3000万円と徐々に資産が増えるスピードが上がっていくわけですね。

つまり投資は規模がものを言う世界 はじめのうちはあまりリターンの恩恵を感じませんが、1000万円を越したくらいからちょっと変わってきます。 

なのでまず目指したいのが金融資産1000万円なんです

そして最速で1000万円を貯めるのにやす吉おすすめなのが仕組み化、投資でも貯金でもいいのですが自動的に積み立てる仕組みを作ってしまうのがおすすめ、給料からの天引き貯金でもいいですし、自動積立投資でもOK!

とにかくお金のことを考えずに気がついたらお金が貯まっていた、資産額が増えていた状態を目指すのが最適だと思っています。

仕組み化しないと貯まらない

お金のため方としていきなり1000万円は大きすぎるので、まずは小さく100万円を目標に・・・そして次は300万円、500万円と小さな目標を積み上げるような方法がよく紹介されていますが やす吉はあまりこの方法は好きではありません。

目標を掲げてそれに向かって努力する・・・これ自体はいいことなんですが、疲れてしまいませんかね。 いくら近い目標を決めても当面の目標は1000万円なのですからめげてしまいそうです。

個人的な感想ですが、これやってたら途中で挫折は確実だな・・・と

なので仕組みを作ってしまい、あとは努力をせずに淡々と過ごすのがおすすめなのです。

ポイントは努力しないこと

毎月の積み上げ額はどうする

もちろん努力なくと言うと積立額を少なめに設定してしまうかもしれませんね。でもまずは無理のない範囲でいくら位積み立てられるのかを知ることです。

これについてやす吉のやっている方法を紹介したいと思います。
1)まず積立額をやや多めに設定する
2)毎月の給料日に銀行の残高を確認する
3)残高が減り続けているのであれば積立額を減らす
4)逆に増えていれば積立額を増やす

そして毎月の残高が変わらないような積立額を見つけてその額をキープし続けるのです。すると今月は使いすぎた、思ったより使わなかった・・・と家計管理ができてきます。

これだけでも資産は確実に増えていきますが、次のステップとしてより資産が増えるように積立額を増やす方法を考えていくわけです。たとえば支出を減らすための節約や収入を増やすための副業などですね。

節約方法について

積立額を増やすには収入を上げるか支出を減らすしかありません。 しかし収入をいきなり上げるのは無理ですから まず取り組むべきは支出を減らすことです。

この節約でも努力はいけませんね、あくまでも仕組み化です。気がついたら支出が減っていたという状態を目指すわけです。

まず狙うのは固定費の削減 特に支出が多いものにフォーカスしていきます。具体的にはこのようなものでしょう。

・マイホーム
・自動車
・保険
・携帯など通信費
・使っていないサブスクリプション
 ・・・等など

固定費は毎月何もしなくてもかかるお金、例えばスマホ代が5000円/月かかるとして格安SIMに変えると1500円/月くらいですから年間に4万円以上浮きますよね。それでいて不便とかはありませんから楽々コストを下げられます。

家だって車だってほんとに必要ですか? 中古じゃだめですか? 民間の保険ほんとに必要ですか? 

・・・ポイントは買うのが当たり前という常識を疑うこと、みんな買っているから、買っておくと安心、携帯はこのくらいの維持費がかかるのが当たり前というのは一度考え直すことが大切だと思います。

そして浮いたお金はそのまま積立にまわしてしまいましょう!!

やす吉が思う節約ポイント

例えばマイホーム、やす吉は15年ほど前に購入しましたが 今思えば家を購入するお金を投資に回して配当金で賃貸に住むというのが最適解でしたね。

なぜならば 固定資産税の負担や家の補修について結構コストがかかりますし、もし大雨で川が氾濫して水没した・・・とかなったら最悪ですよね。でも賃貸ならばこのような負担はありませんし、万一のことがあれば引っ越せばいいのです。 

あとスマホは格安SIMで家族4人で4000円/月くらい(子供たちはデータSIMとLINEで通話)、保険も少しづつ解約し この1年で生命保険とがん保険を解約 15000円/月くらいの節約になっています。

確かに保険の解約は少し悩みましたが、みんなが入っている健康保険の保証内容を確認して民間保険はほぼ不要という結論になりました。保険に入るより貯金で生活防衛費を貯める方がコスパがいい!!と気がついたわけです。

そして浮いたお金は積立に回す・・・こうして仕組み化すれば努力なく楽々積立額を増やすことができるわけですね。

残念ながら副業についてはまだ全然稼げていないので稼げるようになってからコメントします。

まとめ

もし月に5万円積立に回せれば・・・年間60万円ですから17年位で1000万円達成、 月に10万円の積立ができて更にボーナスから年60万円くらい貯められればほっといても8年ちょっとで目標達成できます。

小さな目標を決めて努力するのは王道的な気がしますが、努力は挫折を生みかねません。なので やす吉は努力をしなくても気がついたら貯まっている仕組み化をおすすめします。

その方法は・・・

積立額を決めて、毎月通帳残高が変わらないように積立額を調整して維持していくこと・・・あとはどうやって固定費を削減して積立額を上げていくか、固定費削減のネタは結構あると思いますよ。


毎月の支出を少し手も抑え、その分将来のために貯金や投資をしたいと考えている方にとって節約はマストで大切なこと。 でも方...

少額の場合は投資のリターンは小さいのですが、ある程度の規模になると頼もしい収入源になってきます。やす吉はまだまだ少ないですがこれからも積み上げます。

少し前のコロナショック時に高配当ETFを買い増ししましたが、それからしばらくが経ち配当金がもらえるようになってきました。今までよりも大幅に...

投資の目的に老後資金の確保というのもありますね。この場合は年金受給をどうするかと言う見方も必要になってきます。

年金の支給時期は原則65歳からですが、この支給される年齢は早めたり遅らせたりすることが出来るのはみなさんもご承知のとおりだと思います。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする