高値更新でも利益確定しないほうが良い理由まとめ

先日、日経平均が年初来高荷を更新という記事がありました。まあその要因は色々あるようですが、周りから色々と言われるのが株価が上がったからいま売ったほうが良いのでは?といわれること。

やはり自分の周りでも短期間に安く買って高く売るという意識が強い人が多いようです。

しかしコレをやっていいのは定期的に運用益を上げなければならない機関投資家や個人投資家でもプロレベルの人たちでしょう。一般の人は短期で儲けることを考えてはいけません。

なぜかといえばやはり将来を正しく言い当てることは誰にもできないということ、そして売った投資が終わってしまうこと、なんからの目的をもって投資を始めたはずですからそこで終わっていいのか?ということでしょう。

基本的に貯金は一生していくように、投資も一生ものと思っています。現金とリスク資産の割合は年齢などに応じて変えていかなければなりませんが、投資は続けるべきです。

将来を言い当てることはできない

将来を正しく言い当てることはできません。当然ですよね、であれば成長市場に分散投資を行い、長期間運用する。また時間分散などのために積立を継続するのは理にかなっています。

多くの情報と市場分析を行う機関投資家と情報が乏しい個人投資家を比べるとどうしても個人投資家は不利と思われがちですが、個人投資家が有利なのは定期的に利益を上げる必要が無いこと、つまり利益が出るまでほっぽらかすことができるというわけです。

つまり、今上がったからすぐに利益確定してもその後どうなるかわからないのです。更に上がり続ければ買い戻しずらくなりますし、あえて買ってもあとから見れば高値で買っているかもしれないということになります。

なので投資したお金はいずれ使うにしても必要な分だけを現金化すればいいわけです。もしお金が必要なときに含み損があったとすれば、貯金と投資を行っていれば貯金から賄うというような選択肢も増えてきます。

このように株価が上がったから利益確定をすることが長い目で見たときに得なのかは実はわからないということになります。

くどいようですが、一般の方は 成長市場への分散投資、長期運用、積立投資 を心がける必要があります。

普通の人は高値のときに利益を確定すべき?

株価が上がると確かに下がる前に利益を確定させたくなる気持ちも分からないでもありませんが、使う目的なく目先の利益のために利益の確定をするということはそこで一旦投資が終わってしまうことです。

そこが最高値で以後下がり続けるのであれば良いのですが、そんなことが もしあったらただのまぐれです。 普通だったら売却した価格よりも低い価格で再購入するか、別の値上がりしそうなものを探すか・・・冷静に考えれば情報量の乏しい普通の人ができるものではありません。できたとしてもそれで長期間利益を出し続けるようなことは無理だということがわかります。

個人投資家でも戦略的に売買をしているのであれば良いと思いますが、普通の個人投資家が利益を上げるためには、やはり広く成長市場へ自分のお金を分散させて市場の成長とともに自分の資産も増やしていくのが一番確実だというのは間違いないと思います。

市場は見ないという選択肢

市場の情報はニュースやネットで毎日情報が提供されています。中には注目しなければならない情報もありますが、どうしても短期的な値動きについて気になるのであれば、市場は見ない・無視をするという選択肢も重要かもしれません。

自分も投資を始めた当初はいきなりチャイナショックの影響で20%程度の含み損を抱えて、市場の動きは気になって仕方がなかったのですが、いくら市場の動きを見ても短期的に回復する見込みもなく、半年間全く見ませんでした。

毎日見ていたらそのうち不安になって損を確定させてしまったかもしれないので、自分的には見ないという選択肢も重要だったと思っています。 当時はセゾン投信で運用しており世界中の株式と債権に分散させていたことから 見なくても いずれ上がると信じられたことが大きいですね。

市場を積極的に見ていくという選択肢

投資に割ける時間がない、勉強する時間もないというのであれば市場は見ないほうが良いでしょう。信用おける商品を淡々と買い続けていくだけでOKです。

何をもって信用できるか?と言うのは色々と意見はあると思いますが、世界中の株式への分散投資か米国株式への分散投資が間違いにと個人的に思っています。

一方である程度投資に慣れてきた、投資に割く時間が取れるというのであれば、戦略的に逆張りで運用するというとう選択肢がよいと思います。つまり良い商品は株価が下がってもいずれ上がるはずなので、下がったときを狙って買い漁るわけです。

いずれ上がると自信がもてる商品を持っているのであれば積極的に市場を見ていくこともありだと思います。 経験や環境、自分の性格というところで運用は決まっていきますね。

ちなみに渡しの場合は投資を初めて4〜5年ですが、その間に20%程度含み益が出ているので、多少下落しても不安なく見ていられます。なのでETFは逆張り狙いで高配当のVYM 当然逆張りするためにはキャッシュが必要なので20%程度のキャッシュとAGGという組み合わせ。 そして何も考えずにほっぽらかし運用として楽天VTI運用中です。

結局は自分の投資がどのようなストーリーを描いていくのかということになりますが、もし今投資をしていないのであれば短期で利益を確定させていくようなことはせずに、まずは長期でリターンが狙えるような運用を心がけたらどうでしょう。

普通の投資家は景気後退を全く意識する必要が無いと思ったことをまとめてみました。あくまでも定期的に利益を出す必要がない個人投資家の話です。

米国FRBが2回めの利下げを発表しました。ISM製造業景気感指数も50を割り、年内には景気後退が起きるのでは?という記事もチラホラと見かけ...

年金は将来今の水準よりも更に減ることが決まっています。20年後には今の水準の20%マイナスがほぼ決まっています。

厚生省の年金の財政検証が5年に1回行われます。2019年8月27日に財政検証結果が発表されましたので中身を見てみたいと思います。 ま...

投資したお金を切り崩さなくてもリターンが得られる高配当のETFは魅力的であるのは間違いありませんが注意点もあります。

景気が不安定になってくるとリセッションが発せする懸念が出てきますが、そんな中でも米国株式では比較的しっかりと配当は支払われています。 日本...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする