自分の成長イメージと合っていれば投資先が偏ってもいいと思う

投資といえば国際分散投資が基本ですよね、世界中の国や地域で景気の良し悪しがあるものの平均すれば右肩上がりに推移しているからです。最近ではこの当たり前になってきた国際分散投資ですが、やはり日本に住んでいるとなかなか海外は馴染みが薄く日本の中で分散を検討しがちです。

しかし地図を見てみるといかに日本だけへの投資が集中投資になっていることが感覚的に理解できます。

日本が中心にあるのがわかりますか? 世界中の中でたったこれだけの広さしかありません。もちろん面積と経済規模は直接は関係しませんが、日本にだけ投資をするということは明らかに集中投資をしていると言わざるを得ません。

昔から日本ではMSCI コクサイ(日本以外の先進国株式へ分散投資)が人気だったのも理解できますね、日本国内の株式だけを運用していてもMSCIコクサイを組み入れるだけで世界中の先進国へ分散投資できたわけですから・・・

というわけで今回はETFの分散投資について考えてみたいと思います。

投資の入門書には分散投資が勧められている

投資の入門書やつみたてNISAの対象商品など幅広く分散投資をすることが勧められているので分散はマストだと思っている方が多いと思いますが、問題は闇雲に分散しなければならないという思い込みより、分散しなければならない理由について理解するほうが大切だと思っています。

一般的にはある国や地域、偏った資産クラスに集中投資をしていると、その国や地域の企業の業績が悪くなれば大きな損失につながります。また長期保有しても元の価格に戻る保証もないことから大きな失敗を防ぐために分散投資が勧められています。

分散投資は広く分散することである国や地域の成長がイマイチでも、その他の国や地域が発展すれば大きなマイナスにならない・・・あくまでの分散先の成績の平均に近づくわけです。

逆に言えば大きな損失はないものの大きく得をする確率も減ると言うことになります。しかし多くのアクティブ運用がインデックス運用にかなわないように長い目で見れば集中投資で分散投資よりも良い成績を出し続けるのは難しいのではないかと思います。

そして分散投資が気軽にできるのが投資信託やETFということです。

ETFは相関性の低いものを組み合わせる

分散投資は分散先の成績の平均となってきますから、同じ値動きをするものよりも相関性が低いものに投資をするのが理にかなっています。そうでないとリスクを抑えることができませんからね。

もし株価が値下がりしたときに株式だけしか持っていなければその影響は大きいくなりますが、逆の相関性のある債券を保有しておけば相殺しあって大きな損失にはつながらないはずです。

同じように不動産や金、そして現金も分散先の一つと考えることができます。もちろん不動産などは流動性も悪く高額のためなかなか手が出せませんが、これもREITやETFで保有することが可能です。

分散投資では国や地域も分散させる

先程は相関性の低いものと書きましたが、投資する国や地域も当然分散させなければなりませんね。日本のバブル以降日本株式だけに集中投資をしていたら・・・

現在の日経平均は当時の株価を未だに超えられていません。その間に海外の先進国株式は大きく成長していますし、少子高齢化が急速に進む日本だけに投資するのは微妙ですよね。

集中投資はだめだけど偏りはあってもいいと思う

個別株を数銘柄で運用するのはかなり勇気がいりますよね、うまく行けば大きく成長しますが、そうでなければ・・・ましてや長期運用となれば気がきではありません。なので集中投資は普通はおすすめできません。

投資信託やETFははじめから分散されていますが「どの国や地域の何に分散しているのか」を知ることがキモです。たとえば世界中の株式に分散投資しているVTのようなETFもあれば、新興国株式のVWO、米国のS&P500、他にも新興国債券のVWOBや米国債券のBNDなど様々なものがあります。

ポイントは同じ資産クラスに集中させないということです。また闇雲に多くの資産クラスを組み入れるのもあまり良いとは言えません。分散させればさせるほどリスクが小さくなりますからリターンも分散されてしまうからです。

結局はどのような成長をイメージするか!?

どっちつかずの回答ですが、どのような成長をイメージするのかによって何を組み合わせるかが決まってくるように思います。

長期的に世界中のどの国や地域が成長してもリターンが得られるように考えるのであれば世界中の株式へ分散投資するもの、例えばVTなどが候補となります。

多少偏らせて数々のイノベーションが期待でき 人口も増加傾向の米国の成長に期待するのであれば米国株式と債券の組み合わせで VTI+AGGなどがいいでしょう。 米国に収集することでパフォーマンスの向上も期待できます。

また新興国に期待を寄せるのであればVWOを中心として分散をする等々様々な方法が考えられます。 

結局は自身の成長イメージに合わせて選ぶことになりますが、やはり王道は世界中の株式への分散投資か、今後もイノベーションが期待できる米国株式をメインに資産クラスを考えていくのが良さそうですね。


個人的には米国株式への投資が一番良い気がしています。過去100年に渡り右肩上がりで成長してきているのに加えて、様々なイノベーションが起きているからです。 でももちろんリスクがないわけではありません。

中国と米国の貿易戦争はますます激化していますね、先日も9月1日に中国からの輸入品3000億ドル分に追加関税を発動する事を表明しています。ま...

米国株式は長い間右肩上がりで成長をしていますが、大きな下落を何回も経験しています。 今後起きるであろうリセッション時の対応として過去のリセッション時の動きを知っておくのは良いことだと思います。

S&P500といえばダウ平均と並ぶ指数で米国の代表的株価指数です。 ダウ平均は米国の代表的銘柄30種が同じ割合で組み込まれた指標、...

分散投資、やはり日本での分散投資はあまり良いとは思えませんでした。

長期運用をすることで資産形成をするためには成長市場への分散投資が必須です。世界中の株式への分散投資や、世界を代表する多国籍企業が多く存在す...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする