為替は何故動く?その理由を整理する

米国株式など外貨で投資をする人が徐々に増えてきているようです。外貨で運用すると言っても、ドル転して直接株式やETFを購入するだけでなく、円で購入する投資信託でも投資先が米国であれば米ドルでの運用していることになるわけです。

最近は投資に値する優良な投資信託も増えてきているので、結果外貨で運用する人が増えているわけですね。日本の株式が右肩上がりに成長しているのであれば外貨で運用する必要はないのですが、現実はそうなっていないのでこれからも外貨運用する人は増えていくでしょうね。

さて外貨運用となると気になるのが為替、為替によってリターンが大きく左右されるからです。なので今回は為替が動く理由について整理してみたいと思います。

為替が動くメカニズム

様々な国の市場参加者が通貨の売買を行っています。この通貨の売買が為替に影響を与えているわけです。

価格は需要と供給のバランスで決まるわけですが、為替も同じ、ドルを売って円を買う人が増えれば円の需要が高まってくるので「円高・ドル安」の方向に進む可能性が高まりますし、逆に円を売ってドルを買う人が増えれば「円安・ドル高」になる可能性が高まってきます。

需要と供給による

例えば日本の自動車メーカーが米国へ車を輸出すると代金は米ドルで受け取ることになりますが、日本の従業員への給料などは円で行うのでドルを売って円を買う必要があります。

逆に日本の企業が米国企業より製品を輸入した場合で代金をドルとすれば、日本の企業は円を売ってドルを買う必要があるのです。

この様に輸出金額と輸入金額の差が大きい状態が続くとその国の通貨の需要が高まるので、その通貨が高くなっていく傾向となります。

日本から米国へ輸出大
 ⇒代金のドルを円に交換(円高要因)
米国から日本へ輸入大
 ⇒ドルを準備して代金支払い(円安要因)

物価変動の要因

インフレとデフレといった物の価格も為替に影響を与えます。なぜならばインフレによってものの価格が上がっていくということは通貨の価値が下がることを意味します。

ざっくりといえば、今 諸外国ではインフレが進んで日本だけなかなかインフレが進まない状態が続いていると言われますが、これは円高要因となります。

イメージがつかみにくいかもしれませんが、米国でインフレが進んで逆にインフレの進まない日本とでは・・・単純に日本で買えば安く買えるわけですから円の需要が高まるということになるのです。

なので、外国人観光客が増えているのも日本は安いからなんでしょうね・・・

 ・ドル円レートは110円前後で安定している
  (日銀が円をじゃんじゃん発行しているから?!)
 ・海外では給料が増えている
 ・日本ではインフレがなかなか進んでいない

為替変動の要因について

為替は大きな流れとして貿易収支やインフレ率などのその国の経済状況によって変わってくるものと考えられています。一方で、短期的に動く要因もいくつかあります。

金利差
雇用統計など経済指標
市場介入

金利差

今米国では2%くらいの金利だと思いますが日本はゼロ金利です。つまり債券市場ではドルで運用すれば2%のリターンですが、日本円ではリターンはありません。

となればドルで運用したほうが良いと考える人が多くなります。結果ドルの人気が上がりドル高、円安傾向に動くというわけです。

経済指標

特に米国の経済指標は世界に与える影響が大きいので注目されています。特に注目を集めているのが雇用統計、雇用と経済は密接に関係しますから予測より大きく上回ればドルが買われる傾向があります。 

その他にも景気を判断する指標にISM製造業景気感指数などがあります。この辺一度整理しておきますね。

市場介入など

円高が進むとその国の中央銀行や政府が市場介入する場合があります。市場介入とは通貨の価格を安定させるために、その国の通貨を売ったり・買ったりするもので 例えば円高が進みすぎるとドルを大量に買って円が安くなるように調整したりすることです。

また同様に、日銀総裁やFRBの議長などの発言によって為替が大きく動く可能性もあります。また内戦などが発生してもその国の通貨は売られるでしょう。つまり短期的にどうなるかを当てるのは非常に難しいわけです。

・・・と、為替が動くメカニズムの基本的なところを整理してみました。

整理しておいて思ったのは、メカニズムは理解できたとしても、今後の世界経済がどの様になっていくのかは誰にもわからないわけです。

誰にも先が予測できないという前提で考えればやはり通貨の分散が資産を守るためにも一番確実な方法であることは間違いないでしょう。予測できない将来よりも短期的に円高が進んだらドル転のチャンスくらいで考えていたほうが気が楽ですからね。

それでも為替が心配だったら、必要なときに必要な分だけ売却して円転すると決めればいいのではないでしょうか? 大きな金額を動かさなければあまり為替も気になりません。

また、外貨で運用=自分でドル転する だけではなく投資信託でもS&P500インデックスなどはドルで運用していることになります。

なので大きなお金を動かさなければ為替など気にしなくてもよい、短期的に円高になったらラッキーということで買増すればよいと考えているわけです。

という事で米国株式をもつ上で、為替ヘッジはあまり必要性を感じていません。それよりもヘッジによる手数料UPが気になります。

投資信託には為替ヘッジのあるもの、無いものがあります。例えば米国で投資をしてもお金を米ドルから円に変えないと使うことができませんよね。 ...

景気後退の足音がひしひしと伝わってくる昨今、それでも米国が強いのは変わっていません。いつかは変わるのかもしれませんが、まずは米国株式おすすめです。

投資を勉強しようと思ったのは日本株で個人年金のようなものができないか考えたからなのですが、結論から言えば日本株で個人年金は諦め高配当の米国株...

投資信託の人気ランキングです。積立ての買い付け(積立)ランキングは参考になりますね、やはり米国、全世界、先進国が中心になっています。

今日は昨日に続き投資信託のランキングを見てみましょう。今までは海外のETFランキングばかりを見ていたのですが、投資信託でも海外へ投資できる...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする