いくらならドル転するか?/米国株式で投資することをおすすめする理由

米中の覇権争いのため関税の掛け合いやHAUWEIへの規制強化など、世界的な景気不安定の様相を呈してきました。

S&P500も下がってきています。2018年の末に一度大きく下げていますがその時は比較的ボラティリティが高いので一時的だろうと思っていたのですが、今回はジリジリと値を下げてきているので、景気の後退が近くなってきたのかもしれません。

S&P500 過去1年

このような中、私も2500〜2600くらいまで下がったら購入を考えていきます。

今回気がついたのはS&P500とドル円のチャートがかなり連動していること、有事の円買いはよく知られていますが、ここ1年を見ると非常に連動していることにあらためて気が付きました。

つまり有事は仕込みどきですが、為替も味方をしてくれていることになります。

ドル円チャート 過去1年

有事の円買いがかなり有利

有事の円買いがこのチャートからも見えますね。日本の対外資産負債残高、つまり貸しているお金から借りているお金を引いたものがは300兆円ほどあり過去20年連続で世界1位。このような理由から有事になると安全通貨として円が買われているものと思われます。

これがS&P500が下がると円高になる、逆にS&P500が上がると円安になるという現象につながっているのでしょう。また対外資産負債残高の2位がドイツの250兆円とかなり差があるので今後しばらくは1位をキープし続けるのではないでしょか?

つまり日本人として日本円で収入を得ている人にとっては有事は円高が進むということですから、有事にドル転して、買い増しをすれば一石二鳥ということになります。

成長市場へ投資すること

つまり成長市場である米国の株式を購入している日本人にとって、経済不安定は仕込み時ですが、更に為替も味方をしてくれていることがわかります。

逆に日本のように成長が見込めない市場の場合は逆張りを意識するとそのまま戻ってこない可能性もあり、非常に難しいですよね。日本の場合であれば順張りということでしょうか?

何と言ってもバブル崩壊から30年、未だに当時の株価は超えていません。アベノミクスによる日銀の株買い支えでやっと戻っては来ましたが、買い支えをやめたら・・・と思うととても投資する気になりません。

一方で、成長市場であればリーマンショックのような大幅な下落があっても数年でもとに戻ってくるでしょう。その意味で期待できるのが先進国で唯一人口増加が期待できる米国への投資です。過去100年以上に渡って右肩上がりで成長しているの実績は大したものだと思います。

新しい産業やイノベーションがどんどんと生まれているので今後も世界経済を牽引していくものと期待しています。

また米国だけに投資するのが不安な場合は世界中へ分散してしまう方法もあります。ETFを利用すると低コストで分散が簡単にできるのでおすすめですね。

ダウ平均やS&P500とドル円のレートが関係するのはわかっていたのですが、今回見事に連動していることに気が付きました。もちろんその状況ごとにこの関係性はかわるのだとおもいますが、日本が対外資産負債残高一位を取っている間はおおよそこの傾向は続くものと推測しています。

つまり有事の円買いは今後も続くので、有事にドル転して買い増しするのは有効な手段だと思っています。ただ未来の事柄に対して100%はないので、有事を狙ってドル転を狙うだけでなく定期的にドル転をしたうえでスポットでドルを購入するような運用がベターでしょう。

なぜならば、為替は有事の他にも金利やGDPなどにも影響を受けるためです。

ドル円チャート(長期)

いくらならドルを買うか?

長期でドル円チャートを見ると長期に渡って100円〜120円くらいで推移しています。リーマン・ショック後の円高はかなり異常だったことが見て取れますが、中央値110円くらいで、チャイナショックあたりでは101円くらいとなっています。

リーマン・ショック時は80円くらいまで円高が進みましたが、基本政治的に無策だったのであそこまで円高ものと考えています。 ・・・と考えるとあのレベルはほんとに異常でほぼ再現しないでしょうね。

以上より個人的な考えですが、長期的に110円くらいで推移していると考えて、100円くらいになったら全力でドル買いしたいと考えます。

為替といえばヘッジありと無しのファンドがありますが、どちらがいいのでしょうか? 個人的にはなしでいいと思っています。

投資信託には為替ヘッジのあるもの、無いものがあります。例えば米国で投資をしてもお金を米ドルから円に変えないと使うことができませんよね。 ...

ドル転したあとのキャッシュはMMFがかなり有利です。今後利下げされるかもしれませんが現在は2%の利回りです。

外貨MMFを購入することにしました。昨年末にS&P500など米国で株価が下がったので一部買い増ししたのですが、今後はしばらく買い増...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする