【積立投資】積立投資にQQQを加えたら面白くならないか?

トランプさんの対中関税の第4段が発表され再び株価も下がり始めましたね・・・株価が今後も下がるようならば買い増しを考えますが、どう転ぶのでしょうね。

ちなみに私ごとですが持っている資産の中で、まとまった資金はドル転してVYM,AGGを買っています。もちろんそれなりのキャッシュポジションはとっており、株価が下がるようなことがあれば買いましをしたり、リバランスもするやつです。

そのような市場環境関係なく積立投資で買い続けているのが投資信託。少額でも直接米国ETFを買うことはできますが、手数料がバカにならないので 少額で積み立てるお金は投資信託を利用しています。

このため投資信託の積立投資は基本ほっぽらかしなのですが、たまには投資対象について考えてみたいと思っています。

投資信託は楽天VTIできまり

私は投資信託は楽天VTI「楽天・バンガード・ファンド(全米株式)」できまり・・・と個人的に思っています。その他にも「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」あたりであれば間違いないでしょうね。

どちらも米国株式に広く分散投資する投資信託で、楽天VTIは米国のほぼ全ての株式を組み込んでいるので米国全体の経済成長の恩恵を受けられるというもの、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」は米国の代表的な経済指数であるS&P500へ投資するものです。

色々な投資信託はありますし、それぞれ特徴もありますが 結局 VTIかS&P500で良いじゃないか・・・という方が多いのも事実ですし、S&P500のパフォーマンスを長期に渡って超えるパフォーマンスを出し続けることは、プロでも難しいようです。

なので私も楽天VTIだけを「つみたてNISA」と通常の積立で投資しています。

しかし、これだけだとどうにも面白くない。 何かもっと高パフォーマンスって無いのかなともおもいながらどうしようか考えています。

QQQが面白そうじゃないか?

QQQとはNASDAQ100連動の超高パフォーマンスのETFです。ナスダックに上場する時価総額上位100銘柄の時価総額加重平均によって算出される株価指数です。(金融を除く)

実はQQQ 投資信託でも「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」として購入可能なので少額でも積立投資可能です。

S&P500(SPY)とQQQのパフォーマンス

S&P500(SPY)は大型優良株式に分散投資していますが、QQQは情報セクタに偏っているのでその分大きなリターンが得られたということになると思います。

これだけパフォーマンスが良ければ少しづつ積立てて長期運用しても面白いのでは・・・たとえばVTIとQQQを半分づつ組み入れてみると

VTIとQQQを50%づつのポーフォフォリオとSPYのチャート

これでもS&P500よりかなり良い成績となっています。一般的に時価総額が大きな企業が更に大きく成長するのは難しいのは容易に想像できます。 

しかし今までの情報セクタにあるMicrosoft、Amazonなどの成長が著しかったのでこれだけパフォーマンスが良かったわけです。 とはいえ今後も成長するかはわからない・・・とはいえ当面はかなり期待できそう、少額の積立てであれば少しづつ買っていても面白そうです。

今回は私の独り言でしたが、例えば「楽天VTI」と「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」を月々同じ額だけ購入するとかは検討しても良いかもしれません。 ただQQQの経費率が0.2%と高め、 iFreeNEXT NASDAQ100インデックス の信託報酬は0.48% とかなり高いのでなかなか悩ましい所です。

・・・とは言うもののこの様にいろいろと試してみるのも投資の面白さかもしれませんね。

QQQについて調べた結果です。IT銘柄が多く今後も期待できると思っています。ただ経費率が高いのでどうするか悩ましい所です。

QQQは今回はNASDAQナスダック 100に連動するETFです。 純資産も4.1兆円と大きく人気のETF、IT系の企業株価を反映する指標と...

米国株式へ分散投資するのであればS&P500かVTIが良さそうです。色々と試した末に、結局S&P500で良かったと思う方は多いそうです。

今回は米国株式へ分散投資する投資信託からおすすめなものをチョイスしてみたいと思います。ETFではなくて投資信託としたのは、とにかく投資を始...

投資初心者が日本株式で利益を得るのは実は難しいと思っている理由をまとめてみました。

投資初心者の方がまず検討するのは日本株式や投資信託ではないでしょうか? 私が米国投資を検討したのは、日本ではなかなか投資に値するものが見つか...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする