【投資の基本】そもそも株式と債権ってなに?特徴は?

そもそも株式と債権ってなに? いまさらと言われそうですが、それぞれの特徴を改めて整理したうえで投資の作戦を立てるのが良いと思ったのでまとめました。 

株式の特徴を簡単に説明

株式とは株式会社が事業を始めるための資金を投資家から募集、会社はお金を出してくれた投資家に株式という証明書を渡します。

その証明書を持つとこのようなことが可能となります。

株式は売買すること可能
配当金がもらえる権利
株主総会に参加可能
株主優待がもらえる権利

株式は売買することが可能

株式は売買することが可能、つまり自分が買った時よりも高く売れれば儲かるわけです。これが一般的に株式が儲かる仕組みです。

これはキャピタルゲインとか売却益と言われるものです。債権に比べるとリスク(振れ幅)が大きくなりますが、長期的には債権の収益を上回ることが期待できます。

配当金がもらえる権利

配当金は会社が利益を出した時に、その一部を株主に還元する仕組みです。一般的には成熟して儲けている会社は内部留保も大きくなる傾向なので、配当も高くなるといいます。

また配当利回りは過去1年間の配当金合計を今の株価で割ったもの、今買えばこのくらいの配当が見込めるという目安です。

株主総会に参加可能

株を持っている人を株主と言います。株主は株式会社の総会へ参加する権利があります。

株主総会は会社の経営や方針など重要事項の決定を行う最高機関であり、議決権を得てこれに参加するということは会社の経営に参加することになります。

言い換えれば業績悪化の責任も株主にあるということになります。ただし自分が出資した以上の責任を追う必要はありません。会社が倒産しても自分が出資していた金額以上の損失はないということになります。

株主優待がもらえる

日本では株主優待制度がある企業が多く、自社製品や割引券などなど様々なサービスが提供されます。株式で儲けるというよりも株主優待を楽しみにしている人も多いのでは?!

自分が普段よく使うサービスや商品株主優待でねらうのもありです。どのような優待があるのか調べておくのも良いと思います。私も食事券などをねらって日本の株式を少しだけ持っています。

金利と株式について

一般的には株価は景気が良くなれば上がりますし、景気が下がってくれば株価も落ちてきます。 この景気をコントロールするのが金利、景気が悪くなれば世の中に流通するお金を増やして景気を刺激し、景気が加熱しすぎると金利を上げて過熱を抑えるわけです。

また金利は為替にも影響を与えます。例えば米国の金利が高く日本が低い場合、投資家は米国の資産を増やすほうが簡単です。

となればドルが買われて円が売られる、つまり円安になるというメカニズムです。

円安になれば企業の輸出が増えるので輸出企業の株価は上がりますし、景気も良くなると言われています。ただ輸入品の価格も上がるので、今のように給料も上がらないのでは景気が良くなるとは言えないのではないかなと個人的には思っています。

債権とその特徴

債権は国や企業などが投資家から資金を借り入れたときに発行する証書です。満期と利子が決められており、満期になれば額面金額が投資家に払い戻されます。

また満期までの期間、決められた利子で支払いを受けることができます。このため投資家は最終的に投資した金額と利子の両方を得ることができます。

元本が保証されているので株式よりも安全というイメージがありますが、投資先が潰れてしまえば払い戻しは受けられない場合あります。

債権は売買できる(新発債と既発債)
⇒ 金利と債権価格は逆に動く

債権は売買できる(新発債と既発債)
⇒ また債権は有価証券なので売買が可能、満期を待たずに売却することも可能です。

債権の発行体が新規に発行するものを新発債といい、すでに発行され取引されるものは既発債と呼ばれています。既発債は政策金利などによって価格が変わってきます。

金利と債券価格は逆に動く

金利が上がれば既発債の人気が下がるので、価格が下がるというメカニズムです。この場合は利回りが大きくなるので大きく下がることはないのですが、金利と債券価格は逆の動きとなるので金利動向には注意が必要です。

ざっくりと株式と債権の基本的なところを書き出してみました。株式や債権は金利に大きく影響を受けます。 なので金利が上がると株式はどうなるのか、債権はどう動くのか一般的なところをおさえておけば、私のように金利上昇局面でAGGを買ったりすることはないでしょうし、

金利を上げて株価の過熱を抑えるということは非常に微妙なコントロールを強いられます。過去のリセッションは金利上昇局面で起きているにつながるわけです。

なので金利上昇局面では株や債権を購入すると言うよりは、様子見が正しい選択と判断することもできるでしょう。

債権をポートフォリオに組み込むことで、株式暴落時にクッション役になります。

債券の割合をいくらにすればいいのか? ポートフォリオの債券の割合を考えてみました。基本的に債券を組み込むのであれば景気のステージの応じて保...

株式や債券の割合をロボアドに任せてしまう手もあります。ロボアドのPFで過去20年のリスクとリターンを調べるとかなり好成績です。

資産分類の割合を入力すると過去の運用実績からリスクとリターンを計算してくれるサービスは多々ありますが、最近愛用しているのが「myINDEX...

NISAには積み立てと一般がありますが、どなたにでもおすすめできるのが積み立てNISAです。

まだ投資をしたことがない はじめての投資という方にとって、非課税制度として「NISA」や「iDeco」といわれてもさっぱりわからないでしょ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする