均等加重平均の特徴/RSPは良さげだが日本で買えない!?

ETFのインデックスに組み込む銘柄の割合は殆どのインデックスで「時価総額加重平均」で算出されます。 これはその銘柄の時価総額の割合と組み込む割合を同じとするもので計算が簡単なことから多くのインデックスで採用されています。

有名なところでは、米国の「ナスダック総合指数、S&P500、ラッセル2000」、日本では「東証株価指数(TOPIX)」などがあります。

別の株価指数として有名なものに「均等加重平均」があります。これは単純に組み込んだ銘柄を同じ割合で持つ指数です。米国の「ダウ平均」、日本の「日経平均」は均等加重平均で算出されます。

よく均等加重平均の特徴を表すのに、わかりやすい例えとして小型株式と大型株式が同じ割合で含まれてしまう・・・というものがあります。小型株も大量に買い付けてしまうので市場を歪めてしまうわけです。

でも日経平均にしても、ダウ平均にしても実際に小型株は組み込まれてはいません。ほんとに組込んだら小型株の値段が上がってしまうので現実的ではないのでしょう。

それでも均等加重平均のETFは稀にあります。なので均等加重平均の特徴は別のところにあるのではないかと思っています。

RSPはS&P500の均等加重平均

RSPは大型株の均等加重平均です。よくSPYなど時価総額加重平均と組込銘柄が同じなため比較で用いられてます。

SPYの組込割合トップ10です。時価総額加重平均なので組込割合が時価総額順、これに対してRSPは割合が同じというわけです。

組込銘柄は大型株500社このため流動性には問題なさそうですね。

なおS&P500は定期的に組み込み銘柄割合や銘柄の入れ替えを行っています。ということはRSP(均等加重平均)はやや割安になった大型株を多く組込み、逆に割高な銘柄は少なく買うという行動を自然にやっていることになります。

つまりポートフォリオを中身を一定の割合に保つことで割高を売り、割安を買うという行動を自動でやっているわけです。

と考えると、RSPって非常に気になるETFだと思いませんか? 個人的にはSPYよりも興味があります。しかし残念ながら楽天証券、SBI証券、マネックス証券で取扱がありません。そこで今回はパフォーマンスだけ見てみます。

S&P500時価総額加重平均と均等荷重平均

SPY、RSPチャート(過去10年)

リーマン・ショック以降の成長期をみると圧倒的にRSPが優勢ですね、やはりリバランス効果が効いているのでしょう。

SPY、RSPチャート(過去2年)

過去2年のチャートになります。2017年後半から株価が不安定になっていましたから、それがRSPのビハインドという形で現れています。 

いくら大型株500社といっても時価総額が小さいものが相対的に多く含まれるRSPはSPYと比べて安定という意味で差が出たということですね。

これをどう見るかですが、RSPはに割安になった銘柄が多く組み入れているということなので、今後大きく伸びる場面もあるかもしれませんし、大型優良株ということなのであまり差が出ていないともいえます。

以上まとめると、均等加重平均の特徴は、実は割高を外して割安を組み込むという行動を自動的に行っていると言えます。

つまり順張りを自動で行ってくれる時価総額加重平均と逆張りを自動で行ってくれる均等加重平均という言い方ができるのではないでしょうか。


均等加重平均を取り入れているインデックスにダウ平均があります。これに連動するETFは日本で購入可能です。

NYダウ平均に連動するETFとしてはDIAがあります。 NYダウは100年以上の歴史がある非常に知名度が有る指標、米国市場に上場している代表...

株価指数には他にも様々なものがあり、配当加重平均という配当金の総額で組み込み順位を決めるETFもあります。 こちらは日本でも人気です。

高配当株式のHDVがベンチマークにする指数はスマートベータ指数と言われるものの一種で、配当荷重で組込んでいます。これは組み入れる銘柄の構成...

また株価指数には浮動株調整がされているもの、いないものもあります。

いろいろとETFについて調べていくと、そのベンチマークに「浮動株調整」とか「浮動株調整後時価総額加重平均」という言葉が使われる場合があります...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする