【キャッシュの重要性】資産があっても現金がなければ買えないのです

当たり前ですが現金があればほしい銘柄を買うことができます。逆に言えば現金がなければ買うことができないのです。 何を当たり前のことをと思われるかもしれませんが、金融資産があっても現金がなければ買いたいときに買うことができないということです。

最近黒字倒産という言葉をよく聞きますが、これは利益が出ているのに倒産することを言います。これは手元にお金がないため当座の運転資金が枯渇するもので、最近はどの企業もこの資金のながれについて重要視しています。

個人投資家でも現金は重要であり、キャッシュフローを疎かにしてはいけないと思うわけです。

株価暴落時の待機資金としての現金

この現金は株価が大きく値下げしたときにポイント的に購入する資金となります。資金をすべて投資していたらいざという時にチャンスを逃してしまいますからね。

ナンピン買いなどの手はありますが普通の人ができるものではありませんし、基本はバイ・アンド・ホールドですから一時的な下落を受けて慌てて売る事はしないほうが得策です。

せっかく購入した株を慌てて売却して、また買い戻すようなことを繰り返していたらパフォーマンスも上がりませんし、なにより確実に手数料が取られることを考えればはじめから現金をプールしておくほうが重要となってきます。

もしポートフォリオに現金がない場合

投資の基本は長期運用、分散投資、そして積立投資です。 この中で一番重要なものといえば長期運用と分散投資であり、積立投資は現段階でまとまった資金が無いための対応策だと考えています。

投資の基本は長期運用、分散投資、そして積立投資が基本と言われています。もちろんコレに異存はないのですが、一番重要なのが長期運用、分散投資の...

であれば積立投資の額を減らして、その分を現金でプールすることもありだと思います。 また含み益が出ているものを売却して一定の現金を持つことも考えたほうがよいと思います。

適切な現金の割合

現金がなければチャンスを逃してしまうという側面と、現金は機会損失という考えがあります。つまり持っているだけでは本来増えたかもしれない機会を損失したというわけです。

理想的には暴落したときには現金の割合がゼロ、そして株価のピーク時に現金が最大になればリターンがマックスにできます。ただこのような予想をピタリと当てられる人はいないので、一定の現金のポジションを取ることが大切なわけです。

このためセクタローテーションは意識しつつ、だいたいポートフォリオの20〜30%はすぐに買い付けできるようにしておきましょう。

セクタローテーションとは景気の成長には特定のパターンが繰り返されることを前提に、その時々にどのセクタが成長するのかを見極めて投資を行う投資...

機会損失/流動性に注目

株価暴落時の備えとして現金を持つということ以外では、手堅い債券ETFやMMFを利用することで機会損失をおさえつつ流動性を確保する作戦も考えられます。

最近、私がやっているのはディフェンシブな債券ETFとしてAGG、そして最近利回りが高くなってきた外貨MMFでキャッシュを運用しています。

AGGの利回りが約3%、リーマン・ショック時も殆ど値を下げていません。また米ドルで外貨建てMMFをはじめました。 現在は分配金約2%で元本保証はありませんが極めて安定していることとすぐに売却可能ということで始めたわけです。

実際に暴落が起きたときに流動性が確保されるのかリスクはあるので誰にでもおすすめできるわけではありませんが何事も経験だと思っています。

外貨MMFを購入することにしました。昨年末にS&P500など米国で株価が下がったので一部買い増ししたのですが、今後はしばらく買い増...

いざという時の備えに

生活していれば 誰でも教育資金や住宅など想定内の出費や病気や怪我、災害など想定外の出費も発生します。

そのときに相場が落ち込んでいれば株を売るのは損を確定させることなので、できればやりたくない行動、このようなときにすぐに使える現金があればほんとに重宝すること間違い無しですよね。

想定外の出費に備えるため保険に入るケースもあるでしょう。例えば医療保険で万一の怪我や病気に備えている人がいますが、よほどのことがなければ健康保険の高額療養費制度が使えるので大きな出費にはなりません。

また万一は病気だけではなく地震で家が壊れた・・・などもありえます。当然ですが医療保険で家は直してくれないので地震に備えるのであれば地震保険が必要、など別々に備える必要があるわけです。

であれば別々に保険会社にお金を払うよりはその分現金を積み上げ、株式で投資パフォーマンスの最大化を狙うとともに、病気や地震など想定外の出費にも備える方が良いと思っています。

普段の生活の中でどのような問題が発生するのかはわかりません。これに対応するためには必要最小限の保険のみとして、その他は現金を確保しつつ投資でパフォーマンスの最大化を狙うのが得策です。 

そのためには 「日々生活するためのお金、近い将来使う予定のあるお金、それ以外」 をわけてかんがえることもおすすめです。

投資を行う上でポートフォリオ上のCASHの割合を管理することは大切と言われます。 ポートフォリオの上と書いたのは日々の生活の中で使う予定のあ...

年齢や家族などの環境を考慮しキャッシュフローを考えるのがつつ、必要な保険以外はカットするなどすることで現金を確保していくこと、ポートフォリオマネージメントとでも言うのでしょうか? このような考え方は今後も大切になると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする