【長期運用】投資は一生続くと心得よ

ヒント
スポンサーリンク

長期運用というと10年、できれば15年以上という話をよく聞きます。これは過去の実績から成長市場へ分散投資していれば、10年あれば勝てる可能性が非常に高くなるということです。

逆に言えばそれよりも短ければ負ける可能性が高くなるわけです。その意味ではつみたてNISAの20年非課税というのは考えられている数字だなと思いますね。

ではいつまで投資を続けるのがいいのか? これは投資も貯金同様に一生付き合っていくもの、 15年・20年でやめてしまうのではなく投資を続けながら、使うステージになったら必要な分だけ取り崩すようなイメージです。

投資とは一生続くもの

若いうちはリスクをとって株式を重視し、その後環境に応じてポートフォリオを見直していくということは自然なことですが、資産が増えたから利益を確定しておこう・・・という行為はあまり感心しません。

もちろん出口戦略を考え、取れるリスクを考えて現金化することは悪いことではありませんが、お金自体には価値はなく、価値のあるものに交換するためのツールということは押さえておきたいですね。

日本の場合はなかなか右肩上がりに成長しませんが、海外含めて幅広く分散されたファンドでインデックス運用しているのであれば、長期的に右肩上がりに成長していくのは間違いないでしょう。

であれば生活防衛費を除いて一生投資を続ければいいのです。

必要なら必要な分だけ解約すればいい

ただ一生投資を続ける・・・ということはそのお金は一生使えない。というわけではありません。ポートフォリオの貯金と同じように必要があったときは解約し、現金化して使いましょう。

この場合、貯金と違うのはすぐに手元に現金がこないということです。とは言っても日数を有するだけなのでよほどの緊急がない限りはあまり意識するレベルでもありません。

もし投資の目的が老後資金の補填であれば定年時に一括して現金化しておくのではなく、投資を続けながら少しづつ取り崩していけばいいのです。

同様に突発的な出費が発生したとしても現金と投資資産を活用すればいいですし、そのようなときは必要な文だけ躊躇なく解約すればいいと思います。

投資信託とETF

当ブログでは米国株式への投資をおすすめしています。ではどのように購入するか・・・ETFを直接買い付ける方法と、最近では良い投資信託もできているので正直どちらでもOK、以下の記事参考にしてください。

どちらにしても運用期間は無制限となっているので一生モノの長期運用が可能になるでしょう。

大金を得るよりも安定したインカムが大切

投資の目的は人それぞれですが、一般的には老後資金の補填や配当金により生活を楽にしていくこと等があるのではと思ってますが、

先程も書きましたがお金自体に価値はないので、まとまった働かないお金が手元にあっても通帳の数字が増えたに過ぎません。

それよりも定期的に決まったお金が入ってくることのほうが重要ですし、または少しづつ取り崩して資産寿命をながく保つことのほうが重要ですよね。

なので投資を続けながら安定したインカムを得られる環境など目的を満足させる方法を模索しながら実行していくことが大切、結果的に投資は一生続けるものという事になっていくと思います。

投資は運用期間が長いほど、そして積立額が大きいほど成長が早いので運用期間が長く取れる若いうちから投資を始めることがおすすめです。

投資では長期運用、分散投資そして積立投資が大切と言われますが、いちばん大切なのは長期運用と分散投資です。

お金の心配を少なくしていくためには労働収入だけでなく、権利収入というものを考える必要があると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました