【米国株式】投資信託とETFの使い分け

ETFとは株のように売買が可能であって、しかも投資信託のように分散されている商品です。 上場投資信託と呼ばれており、当ブログではETFといえば米国ETFのことを前提に話を進めています。

分散されている商品としては投資信託がありますね、これらにはどのような違いが合ってどちらを選ぶのが良いのでしょうか?

ETFと投資信託の違い

ETFと投資信託の違いを簡単にまとめてみました。前提は米国ETFを購入する前提です。

ETFも投資信託も複数の投資先に分散投資しています。この意味では大きな違いはないと言えますが、細かな部分では差があります。

この差について確認することで、ETFが合う人投資信託が良い人について探ってみます。

コストの差について

ETFのメリットはETF保有中の信託報酬のやすさです。米国全体に分散するVTIや米国を代表する指標のS&P500のインデックス(VOOなど)は0.04%/年と驚異的な安さです。

一方で投資信託の信託報酬はETFより0.1~0.2%程度高く設定されているのが一般的です。例えばVTIを投資対象とした楽天VTIの信託報酬は+0.12~0.15%程度となっています。

多くの資金で長期運用するのであれば信託報酬が安いETFが有利です。

一方でETFは購入するときに手数料が0.45%かかります。また手数料の最大が20ドルですからザックリと言えば50万円以上を一気に買えば手数料は最大の約2000円でそれ以上はかからないとなりますね。

これに比べて優良な投資信託はノーロードが多く買い付けや売却にかかる手数料がゼロというパターンがほとんどです。最低投資金額も100円からというのが多く、少額でこまめに積み立てても手数料が不要というメリットがあります。

少額でこまめに積立てたいのであれば投資信託、一回の購入額が数十万円であればETFが有利となってきます。

分配金再投資の手間

投資を行う上で複利で運用するのは必須です。毎年ごく僅かですが投資元本が増えることで、以下のグラフのように加速度的に資産が増えていくからです。

複利運用のシミュレーション(利回り6%)

複利運用をするためには分配金が出たら、それをそのまま再投資する必要があります。

投資信託では再投資は設定をすれば自動で行ってくれるので、ほんとに手間いらずで運用が可能なのです。しかしETFは市場で株式を買っているのと同じですから再投資は自分で行わなければなりません。

ETFを買ったほうが良い人

ETFの場合は信託報酬が非常に安いので、長期運用に向いているのですが米ドルを用意する必要があります。

しかもまとまった金額で買い付けないと手数料がバカにならないので、積立てをするのであれば毎月数十万円単位で購入できるだけのインカムがある人や、まとまった額を投資するのであればおすすめできます。

ETFを買ったほうが良い人はまとまった額で購入できるひと、運用額が大きい人

また最近では再投資はできませんが、SBI証券で米ドルで定期買付けをしてくれるサービスが始まっています。このため利便性も上がってきたと言えますね。

米ドルの準備もSBI銀行を利用すれば1通貨あたり4銭、米ドルの定期買い付けをすれば1通貨あたり2銭と超格安になっているので是非活用ください。

投資信託を買ったほうが良い人

投資信託の場合は少額からこまめに積立てても手数料がかからないというメリットがあります。

しかも米ドルを準備する必要なく円で運用が可能、再投資も自動で行ってくれる利便性を考えれば信託報酬が若干上がるのも、まあ仕方ないかなと思います。

少額から積立て投資を行う人は投資信託がおすすめ

投資の場合は将来のリターンは読めませんが、かかる費用は事前に決まっています。であれば同じ投資先ならば経費は少しでも安いほうがよいとなります。ただ、とは言っても投資信託は全くのほっぽらかし運用が可能であることを考えれば信託報酬が0.1~0.2%高いのも、やむなしかなと思います。

10万円投資していて信託報酬が0.2%ならば毎年200円のコストがかかる計算です。信託報酬も安いので運用額が大きくなるまでは投資信託でOKじゃないでしょうか? その後運用額が増えたらETFに乗り換えも考えていいのかもしれません。

どなたにもおすすめな投資先は世界中の株式へ分散投資しているタイプです。ETFで言えばVT、投資信託でいればこれらがおすすめです。

気軽に分散投資できる投資信託、少額から分散投資することが可能ですし、商品によっては「つみたてNISA」という非課税制度対象になったりします...

また米国株式を念頭に考えるのであればETFはS&P500(IVV,VOO)かVTIが間違いないと思います。また投資信託でいればこれらが良いと思います。

今回は米国株式へ分散投資する投資信託からおすすめなものをチョイスしてみたいと思います。ETFではなくて投資信託としたのは、とにかく投資を始...

NASDAQ100に投資する投資信託もあります。すごいですね、ETFでいえばQQQ高パフォーマンスETFとして知られています。

NASDAQ100に投資する高パフォーマンスETFとしてQQQが有名ですが、大和投資信託より同じくNASDAQ100へ円でサクッと投資でき...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする