みんなが持っている米国ETFは?/保有残高から見る人気ETF(2018年12月)

2018年12月の海外ETF保有残高ランキングを楽天証券から見てみます。先月同様に変動はなく昨年の7月から見ても差はありません。 保有残高ですから当然といえば当然、よほど大きな経済的事件がなければ変動はないのかもしれませんね。

2018年12月保有額ランキング

保有額ランキングですから流行りに左右されず支持を得ているETFのランキングと言えます。 

2018年11月2018年12月
1VTVTバンガード・トータル・ワールド・ストックETF
2PFFPFFiシェアーズ 米国優先株式 ETF
3VTIVTIバンガード・トータル・ストック・マーケットETF
4VOOVOOバンガード・S&P 500 ETF
5VYMVYMバンガード・米国高配当株式ETF
6VWOVWOバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF
7SPYSPYSPDR S&P 500 ETF
8HDVHDViシェアーズ コア米国高配当株 ETF
9IVVIVViシェアーズ・コア S&P 500 ETF
10TOKTOKiシェアーズ MSCI コクサイ ETF

世界中への分散投資が人気

特徴的なところでは世界中の株式へ分散投資するVTが1位です。世界中への分散と言いつつ米国株式の割り合いが50%を超えていることは知っておいたほうが良いと思います。 

時価総額で組込比率を決めているのでどうしても米国中心になるのは仕方がないことでしょうが、世界中への分散投資という割にはちょっと偏り過ぎな気もします。

高金利を謳う株式ETFが多い

ランキングの2位、5位、8位にそれぞれPFF、VYM、HDVが入っています。これらのETFは高配当を特徴にしたもので、高配当銘柄が人気であることが伺えます。

PFFは配当こそ5%を超えますが、キャピタルには全く期待できません。過去は暴落時に値を下げているので、リセッション時に仕込むような買い方が良いと思います。 

VYM、HDVは配当3%~3.5%位にあります。またキャピタルも期待できるETFです。

その他

あとは米国全体へ投資するVTI、米国の代表的指数のS&P500インデックスのSPY、VOO、IVVが人気、これらは定番の王道ETFです。

唯一新興国の株式へ分散投資するVWOがトップ10にあり、新興国株式を考えるのであればまずは検討要ですね。

債券ETFで人気のBNDやAGGが入って来ず、すべて株式ETFというのも特徴的ですね やはり長期運用では株のほうがリターンが高いということもこんなところに現れているのかもしれません。

2018年12月買付代金ランキング

12月の買付け代金ランキングと保有残高ランキングを見てみましょう。ちなみに買付代金ランキングはある程度流行りの影響もあると思います。

保有残高買付代金
1VTVT
2PFFVOO
3VTIVYM
4VOOVTI
5VYMPFF
6VWOHDV
7SPYIVV
8HDVSPXL
9IVVSPY
10TOKSPXS

流石にVT、世界全体の株式へ分散投資しているという安心感でしょうか? 買付代金も保有額もトップです。その他 保有残高と買付残高で順位に差はありますが、おおよそリンクしていますね。

注目は買付代金ランキングにVWOが入っていないこと、昨年6月から買付代金ランキングを見ていますが1回も入っていません。 保有残高が大きいものの買付けランキングが低いというのも微妙ですね。

2018年買付代金ランキング

順位6月7月9月10月11月
1VTVTSPYSPXSVOO
2VOOVTIQQQQQQSPXS
3VTIVYMVOOSPYEDZ
4VYMVOOERUSVTSPXL
5HDVQQQVTIVTISPY
6QQQPFFSPXLVOOQQQ
7PFFVWOEWZHDVVTI
8BNDTURVYMVYMBND
9SPYHDVBNDSPXLVYM
10IVVSPXLIVVEDZPFF

最近の荒れている市場においてはSPXLやSPXSといったS&P500のレバ3倍ETFの買付けが増えています。 短期売買でリターンを狙う人が増えているのでしょうね、私には扱い切れないETFなので今の所スルーです。

QQQが買付代金ランキングから消えました、IT関連が大きく値を下げているなかではどうしても人気が無いようです。

QQQは今回はNASDAQナスダック 100に連動するETFです。 純資産も4.1兆円と大きく人気のETF、IT系の企業株価を反映する指標と...

レバレッジETFの中でも人気のあるSPXLとSPXSについてまとめています。あくまでも短期運用となりますので腕に自身がある方向け!?

個性が際立つSPXL、S&P500のブル3倍のETFです。 S&P500といえば米国の代表的な指標であり優良な大型株式を50...

荒れている相場でも分配金は安定しています。代表的な分配金の推移を見てみましょう。

株式のリターンは分配金と売却益です。 分配金は暴落時にも比較的安定してリターンを得ることができるのでメリットと言えばメリットですが、これは...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする