投資資金を捻出するために/家計簿はマネーフォワードは超オススメ

毎月少しづつ積立投資をする場合でも、毎月入金するおカネが大きいほうが資産は早く育つのは言うまでもありません。 節約してその分投資に回すことをおすすめするのもそのためです。

その節約にかなり強い味方「マネーフォワード」を発見、数ヶ月試してみましたがコレは便利なので紹介します。

節約のポイント

節約のポイントはなんと言っても固定費です。特に大きな固定費から削ることで生活レベルを変えずに節約が可能となります。

毎月の支出を少し手も抑え、その分将来のために貯金や投資をしたいと考えている方にとって節約はマストで大切なこと。 でも方...

固定費は毎月黙ってもかかるおカネ、どれだけあるのか確認して不要なものはカットすることで費用を捻出します。 

問題は変動費、変動費とは毎月使う額が変わるもので、食費や日用品、交際費、娯楽などが含まれます。 変動費を無理に削るとストレスが溜まりやすいので、無駄と思われるものを無理ない範囲でカットしましょう。

そしてこの変動費を把握するのに便利なのが家計簿、今回ご紹介する 「マネーフォワード」は家計簿作成を自動化してくれるスグレモノの家計簿アプリです。

マネーフォワードとは

銀行やクレジットカード、電子マネーやポイント、証券会社と連携して自動で家計簿を作成してくれるアプリです。

スマホアプリだけでなくパソコンからも利用することが可能なので、じっくりと家計簿をかくにんしたいときはパソコンから、ちょっとした確認だったらスマホという使い方もできます。

また無料プランでも十分に使えるので試してみることおすすめします。

マネーフォワードでできること

多機能で無料、しかも自動で入出金の履歴を取得し、家計簿まで作ってくれるので変動費の把握は非常に楽、なんと言っても自動で取得というのがいいですね。

入出金を自動で取得し、家計簿を作ってくれる

複数の銀行や証券会社、クレジットカードなどを管理できる

入出金や銀行の残高、家計の支出をグラフ化

などなど

節約目的で家計簿を付ける場合は細かなところまで付ける必要はなく、大まかなおカネの流れがわかれば良いわけです。でも無料で自動だったら余計なことをしなくて良いので楽です。

またネット銀行の残高やカードの利用金額も「マネーフォワード」の中で確認が完了してしまうので便利です。

どのように活用するか

まず現在の資産(キャッシュ)を使うおカネ、生活防衛費、その他に分けてみましょう。

使うおカネ:

人によってその額は変わってきますが、生活費1.5ヶ月~3ヶ月程度を常にキープ

生活防衛費:

ここには教育費や家の補修など目的がある比較的大きなお金を準備するもの。貯金などで増やしていけば良い領域です。

その他:

投資に回しても生活に影響を与えない領域、投資はここから行うのが理想です。

基本、生活防衛費やその他(投資)は基本自動積立すれば給与口座に残るのは「使うおカネ」です。

この毎月実際に使ったおカネが増加すれば「使うおカネ」が減っていきます。減ってから慌てるのではなく、事前に「マネーフォワード」を確認しながら無理のない範囲で使う額をコントロールすればいいわけです。

そして「生活防衛費」「その他」を調整して毎月使う適正額だけ残るようにすればよいわけです。参考にしてみてください。

無料プランと有料プラン

有料プランはプレミアプ版と呼ばれ、月額500円(Android)で利用可能、使える機能に差がありますが、家計のチェックを目的にするのであれば無料版で十分に使えますし、私も数ヶ月使いましたが無料版で問題ありません。

おすすめできない人

「マネーフォワード」は銀行やクレジットカードの利用情報を自動で取得します。つまり口座やIDと暗証番号を「マネーフォワード」に入力して連携させなければならないのです。

この暗証番号を「マネーフォワード」に伝えることに抵抗があるのであればこのサービスは使えません。もちろん「マネーフォワード」では安全性を謳っていますが、やはり心配というのであれば残念ながらレシートなどを頼りに概略でいいので家計簿を作成してみてください。

節約にヒントが見つかるはずです。

ちなみに私は「マネーフォワード」全く心配していません。ただ唯一の防衛策として見におぼえのないクレジットカードの使用履歴がないかは都度確認しています。 もっともこの使用履歴の確認も、毎月の引落額の確認もマネーフォワード上でできてしまうというのも便利なんですね。

固定費で大きなものの代表に保険があります。人生で2番めに大きな買い物と言われていますので慎重に決めてください。

分散投資、長期運用と積立投資は資産形成にとって大きな力となります。 ポイントは成長市場への分散投資、当ブログでも成長市場として米国株式ETF...

スマホも大きな固定費のひとつ、格安スマホおすすめです。

格安で使えるスマホ、大手キャリアのような契約の縛りもなく値段も安いのに加え、最近ではイオンモバイルのように、格安スマホでありながら店舗でサー...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする