つみたてNISAをすぐに始めるべき理由

今年の目標のひとつに家計を見直し、「つみたてNISA」を限度額いっぱいの年40万円積み立ててそれを継続する目標を立てています。なぜならば考えれば考えるほど「つみたてNISA」がお得で、さらに早く始めたほうが有利だからです。

もともと金融庁は「つみたてNISA」は若い人が資産を形成する事を目標にしています。これは運用期間がいまのところ2018年~2037年までと長く設定されていることからも明らかです。

ただ残念ながらどちらか一方を選ぶことがルール、「つみたてNISA」は非課税枠も最大で800万円(年間40万円x20年)、一般のNISAの最大600万円(年間120万円x5年)ということですから、長い期間で見れば「つみたてNISA」有利とかんがえて私は「つみたてNISA」の口座を開いています。

複利運用が有利になる

長期運用に於いて複利で運用することは基本です。つまり分配金が発生したらそれを再投資することで大きな成長を狙うことになります。

ここで問題なるのは、分配金には20%課税されていることです。例えば年2%の分配金があったとしても、実際に再投資にませるのは税引き後の1.6%分ということになります。

でも「つみたてNISA」を利用するとまるまる2%分が再投資に回せることになります。

小さな額かもしれませんが20年後に約40万円の差になります。

つみたて額年40万円、キャピタルなし、分配金再投資のみ(2%,1.6%)

また20年もあれば株価も上昇しているでしょうから更に大きな差になるかもしれません。このため「つみたてNISA」で購入する商品は複利運用が基本となります。

非課税枠は徐々に少なくなる

「つみたてNISA」は2018年~2037年までしか投資できません。つまり2018年から始めている人は非課税投資額が最大800万円となります。(40万円x20年)

では2019年から始めた人は・・・720万円(40万円x19年)、同様に680万円(40万円x18年)というように年を追うごとに非課税枠が小さくなっていくことになります。

つまり現在の制度を前提にするのであれば早く始めたほうがお得です。

将来的には制度も変わって行くでしょうが、今の制度上では開始時期は早いほうが良い、すぐに始めるべきといえます。

格差が生まれるかもしれない

口座の開設数もうなぎのぼり、金融庁の口座利用状況調査(平成30年6月末)ではNISA全体で1000万口座を超えており非課税に関する関心が高いことがわかります。「つみたてNISA」は昨年1月からのスタートなので口座数はまだすくないですが今後は若い人が口座を開くでしょうからまだまだ伸びるでしょうね。

一般NISA1,128 万2,552 口座
つみたてNISA68 万8,573 口座
ジュニアNISA28 万5,544 口座
TOTAL1,197 万1,125 口座

(平成30年6月末)

問題はNISAってなに?という人たち、金融リテラシーがあるのとないのではNISAだけにかかわらず大きな格差につながってくるのはもはや疑いようがないでしょう。

若いうちからそこそこの投資経験があればNISAの重要性はすぐに理解出来るでしょうし、その制度をうまく活用できると思いますが、投資は自分には関係ないと思っている人。

そのような人たち銀行への貯金はするでしょうが、一生懸命貯金をしても銀行に預けっぱなしではそれが増えることはありません。

むしろ物の値段が上がっていくインフレリスクが懸念されます。物価は穏やかの上昇するようコントロールされるので、いずれは物の値段が上がり貯金が目減りしてしまいます。この時に節約しか対応策を持っていないのはやはり弱く、物価上昇以上の収益を得ることが重要になるのは言う前でもありません。

その意味で「つみたてNISA」は大きな武器となりますし、崇伝では差がなくても、5年~10年と経つうちに徐々に差が大きくなってきます。 もしNISAを活用していないとか、投資は関係ないとか考えているのであれば、この機会に検討してみてはどうでしょう?

実は2018年10月より株価が大きく下がっています。つまりお買い得な時期に来ていると言えます。株が上がっているので俺も始めよう・・・これはバツ 株が下がったので購入するのがマルです。

投資を始める良いタイミングというのはあるのでしょうか? 「長期投資・分散投資・定期積立」を考える場合は特別、何時というのはないと思っていま...

どのような商品を買うのがいいのか、私は楽天・全米株式インデックス・ファンドにしました。

メインで利用しているSBI証券につみたてNISA口座の口座開設手続きをしました。 投資を始めた当初、よくわからないまま松井証券でNISA口座...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする