2019年/今年の運用イメージまとめ

あけましておめでとうございます。昨年5月から自分の勉強を兼ねて始めたブロクですが無事 年を超えるとまで続けることができました。今後も勉強を続けながら情報配信していきたいとおもいます。

さて新年といえば今年の抱負や目標を決めなければなりません。今年やっていきたいことを一度まとめておきたいと思います。

今年も買い続けるETF

私のメインは現在米国株式のVTIとVYM、そして債券ETFのAGGをポートフォリオに組み入れています。いろいろと悩んだ末にこの形になってきました。

ほしいETFや高配当の個別銘柄などはあるのですが、今年はこれら核となるETFを買い続ける事を継続です。

そして、基本はキャッシュも加えて各々1/4づつ保有する事を基本としながら状況におうじてAGGの保有割合を変えていきたいと思っています。 初心者が状況を見つつポートフォリオのバランスを考えるにはこの位の数じゃないと管理できないと思ったからです。

そして債券ETFのAGGを入れることでVTIだけよりもパフォーマンスはやや落ちますが、リセッション時に株価の下がったETFを買うための良い資金になるはず。 多少パフォーマンスが落ちたとしても十分にお釣りが来るとかんがえているわけです。

ちなみに昨年は株価が安定せず、年末には大きく値を下げています。このような時はAGGの割り合いが高いほうがよいと考え多少買い増ししました。

今年の目標

今までの買われすぎの反動からか、昨年から株価が不安定になり年末には大きく下げています。 米中の政治的な摩擦からこれからも不安定な状況が続くものと考えています。このため定期買い付けは継続、問題は何時キャッシュを崩してスポット購入するか・・・

スポット購入のタイミングと額については自分の中で基準となるものがまだないので、できるだけ長期間、時間分散を心がけていきます。 今年の目標はこのスポット購入の基準となるようなものを見つけることということになります。

ちなみに暴落した後のイメージは、株価が底値をうったあと回復が確実と思われてから債券ETFのAGGを売却し、全力株式に乗り換えるものです。その時に確実に底値を超えたと判断するの方法は!? これは移動平均線から見るしかなさそうですが、今後の課題のひとつです。

ここで買うイメージですね(S&P500:リーマン・ショック時)

ということで今年もいろいろと情報発信していければと思っていますのでよろしくおねがいします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする