ジュニアNISAを利用しよう/20%の課税がゼロへ

お子さんの教育資金や将来に向けての資産形成にジュニアNISAを検討されている方は大きと思います。 わが家でもやっと今年から通常の子供口座からジュニアNISAへ移管して運用を開始しました。

このNISAという制度、いまいちわかりにくいので今回はジュニアNISAについてのおさらいと注意点についてまとめてみます。

ジュニアNISAとは

非課税期間5年間、この間にのキャピタルとインカムは非課税となります。通常は約20%課税されてしまうのでこの非課税は魅力的ですね。

概要は以下の通り(金融庁HPより)

利用できる方 日本にお住まいの0歳~19歳の方(口座を開設する年の1月1日現在)
非課税対象 株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益
口座開設可能数 1人1口座
非課税投資枠 新規投資額で毎年80万円が上限(*1)
非課税期間 最長5年間(*2)
投資可能期間 2016年~2023年(*3)
運用管理者 口座開設者本人(未成年者)の二親等以内の親族(両親・祖父母等)(*4)
払出し 18歳までは払出し制限あり。(*5)

*1 …未使用分があっても翌年以降への繰り越しはできません。
*2 …期間終了後、新たな非課税投資枠への移管(ロールオーバー)による継続保有が可能です。
*3 …2023年12月末以降、当初の非課税期間(5年間)の満了を迎えても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税で保有できます。
*4 …金融機関によって異なる場合がありますので、口座を開設される金融機関にお問い合わせください。
*5 …3月31日時点で18歳である年の前年12月31日までの間は、原則として払出しができません。ただし、災害等やむを得ない場合には、非課税での払出しが可能です。

ポイントは・・・

対象は0歳〜19歳の未成年
ジュニアNISA口座は年間80万円が上限(相続税対策になる)
最長5年間の非課税枠から得られた売却益や分配金が非課税
運用5年後はロールオーバーが可能
また18歳まで原則払い出せない

ジュニアNISAのイメージ

継続管理勘定(ロールオーバー)

わかりにくいのは5年過ぎたらどうなるのか、これは課税されるジュニアNISA口座へ移管されて その後の分配金や売却益には課税されます。 ただし課税されないジュニアNISA口座へ移管することも可能、この場合は移管時の地価が80万円を超えていても、翌年開始される新たな非課税枠にそのまま移管可能です。

制度の運用期間は2023年まで、2023年以降も5年間の非課税枠(継続管理勘定)に移行することで19歳までは非課税の恩恵が受けられます。

そして子供が20歳になればNISA口座を開設することが可能となり、NISA口座に映ることになります。 このようにして長期運用により資産を形成することを後押しする使わないともったいない制度です。

ジュニアNISAは相続税対策にもなる

贈与税は年間120万円以上を贈与した場合に課税されるもの、これを利用し生前贈与として子供に年間120万円未満をお金を子供の口座に移動したとすることで相続税対策を考える人がいます。

ただこの場合でも「必要とするときに必要な分だけ」という条件があるため、子供が年120万円必要だろうか・・・ということで贈与の対象にならない場合があります。

つまり贈与税が課税されるのです。ただ、ジュニアNISAは年間80万円まで資金を提供できることから贈与を気にすることはなく、最大年80万円x5年=400万円 プラス利益を 非課税で子供に渡すことが可能、相続税対策にもなりますね。

お金の勉強なることを期待

これからの世の中、お金に関する知識はますます必要になってくるでしょうし、投資は当たり前の知識なるはずです。 にも関わらず学校ではお金について、正しい資産運用について学ぶ機会がないのも事実だと思います。

であればジュニアNISA口座を作って実際に投資をおこなうことで、投資をするには当たり前という環境をつくりだしてもいいわけです。

もちろん小さいうちは何もわからないでしょうが、20歳近くになればリスクやリターンについて自ら考えるでしょう。

まあ場合によっては全部現金化して使ってしまうかもしれませんが・・・ 投資が小さいときから身近にあって、投資をすることは貯金をするのと同じくらい当たり前という環境を作ってあげられることは子どもたちにとって大きなメリットになるはずです。

ジュニアNISAの注意点

通常の口座は損をした商品と特をした商品の利益を通算して相殺することが可能ですが、ジュニアNISAはそれが許されません。 ジュニアNISAの口座内でもできないのです。

このため若いのだからリスクをとって運用するというよりは、ローリスクの堅実な商品を選ぶのが吉ということになります。

また非課税期間が5年です。 ロールオーバーできても、5年後にプラスになっていなければ旨味はありません。(継続管理勘定では新規買い付けできない) ジュニアNISAは進学や就職に向けての準備金を蓄える意味と投資教育を行う意味があります。

投資教育はともかく、準備金を蓄えるのに運用期間が5年はちょっと短い気もします。 ロールオーバーでその後の運用益は非課税になりますが、できれば10年くらいほしい気がします。

いろいろと制度に文句はつけたくなる所もありますが、20%の非課税のメリットがあるわけなので まずはそれを享受すべきですよね。

投資初心者におすすめしたい投資信託を考えると・・・

長期運用を行う上で米国株式は魅力的な市場です。 消費も旺盛で今後も人口増加が見込めるからです。 人口増加という意味では世界中への分散投資も有...

つみたてNISA口座は金融庁が認める長期運用で資産形成にむいた条件を満たした商品が対象となる制度です。こどもNISAでもつみたてNISA対象商品は要検討です。

メインで利用しているSBI証券につみたてNISA口座の口座開設手続きをしました。 投資を始めた当初、よくわからないまま松井証券でNISA口座...

長期運用ではバイ・アンド・ホールドすることが大切だと割れています。ただホールドし続けてもNG、成長市場へ投資する商品を選ぶことが大切です。

米国への長期投資を考えるときに良い銘柄を安いときに買ってひたすら持ち続ける運用方法が割とメジャーです。 そうバイ・アンド・ホールド戦略です。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする