ETF選び リターン計画を考える

セゾン投信は一つのファンドで世界中の国や地域に分散投資するタイプのため、セゾン投信だけを見れば 今後予想されるリターンは過去の実績からおおよそ推測することしか出来ないわけですが、複数のファンドやETFを組み合わせることができれば 積極的にリターンを狙う(リスクを負う)事もできると考え始めました。

例えば10年でどのくらいのリターンを目指すか
⇒どのようなポートフォリオにするか
過去の運用実績の調査
⇒リーマンショックなど暴落時にどのような値動きをしたが
手数料の調査

このような事を調べておけば、どのくらいリスクが負えそうか、とか 暴落時に動揺しないように シミュレーション とか 心の準備もできるのでは?

また、株価暴落時など債権ETFを売って株のETFを追加購入する  この場合 リターンはこのくらい見込めるなど 投資の幅を広がりますよね。 ここは知識と経験がものを言いそうな世界なのでまだわたしには関係ありませんが。 (*´ω`*)

10年後にいくら位リターンを得たいか

成長市場に分散投資、しかも長期間となれば かなり高い確率でプラスになることは誰でも想像できますよ。 でもリターンの目標値を設定することで 各ETFについて調べたり ポートフォリオの組み方も変わってくると思います。

一般的なファンドの利回りのシミュレーションではよく4%の成長で試算される場合が多いのですが、4%で10年間運用したらどのくらいのリターンになるのでしょうか? ここでも簡易的に見るのであればEXCELなど表計算ソフトは便利です。

簡易的なEXCELの表を作り、利回りを3~6%として100万円を10年投資したらどのくらいのリターンになるのか単純計算してみました。

100万円を10年間投資
年3%の成長 ⇒ 約 134万円
年4%の成長 ⇒ 約 148万円
年5%の成長 ⇒ 約 163万円
年6%の成長 ⇒ 約 179万円

これでどのくらいのリターンを得るには、何%の運用を目指せばいいのかイメージが掴めると思います。 わたしの場合は10年で1.5倍を目指したいので 狙いは4%強の運用ができるよう過去の実績を調査しながらポートフォリオを組んでいけばよい ということになるわけですね。

ちなみに作ったのはこんな表です。(もちろん複利です)
EXCEL使っているのであれば数分で誰でもできます。
また、更に長い運用期間とか利回りで計算したいばあいは是非参考にしてみてください。

目標リターンを得るための運用利回りは4%としてさまざまなETFを調べていきたいと思います。

とりあえず代表的なETF、書籍で紹介されているETF、ETFで運用されている方のBLOGなど参考に銘柄を選定、注目したいのは、過去の10年(できればそれ以上)の運用益、**ショックのときの値動き、手数料 他にも見るべきポイントはあると思いますが、まずはそれらを元にどのETFにするのか、ポートフォリオをどうするか ある程度固まったらまた記事にします。

改めて過去のリターンを見ると セゾン投信の達人ファンド 2017年の1年で21.59%もあったんですね、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」でもTOP20にはいつも入っているのでやはり強力な投資信託です。 当面は達人ファンド+ETFを研究してみます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする