初心者はどんなETFを狙うべき?!

私の場合はどんなETFを狙うべきなのか?という観点で書いてみますので参考まで・・・

ETFは国内外、様々な商品があります。 選ぶポイントはいくつかあるかと思いますが わたしの場合は 長期運用であまり手をかけない 配当金をもらいつつ 更に資産を形成するという目標に立てばある程度は絞られてくると思います。 ずいぶん虫がいい話ですが・・・(*´ω`*)

また、インデックスファンドの選び方と同じように 純資産が大きいもの 出来高が大きいものを中心に購入するのは鉄則です。

どの市場に投資するか?

コレもセゾン投信を検討したときと同じく、「長い目で見れば世界全体は緩やかに成長していく」 と言う前提にたてば 世界全体に分散投資するのが一番リスクが少ない考えています。

この表は文部科学省のHPよりGDPの予測の表を持ってきたものですが、GDPはこれから先も伸び続けることが予想されています。 もちろんGDPが株価と直リンクするわけではありませんが、GDPは経済活動の規模や動向を見る指標なので、経済規模が大きくなればお金の流れが大きくなり市場全体の株価が上がっていくことは想像できます。

この表を見ると全体として増加傾向ですが、特にアメリカが安定的に増加していることがわかります。 日本は頑張って欲しいですけれど横ばい (´・ω・`) ですね。

つまり日本に分散投資し長期投資してもあまり伸びは見込めないとも言えるのではないでしょうか。 もちろん今後はわかりませんが、人工も減少しているので あまり期待できないのではと思います。 更に、長期に渡る日経平均を見てみるとこのようになります。  1990年ごろのバブル期を境に低迷し、長期間 日本の市場に分散投資をしても儲かっていない という実態も見えてきます。

日経平均の推移

ここからETFに乗り換えても全世界かアメリカに分散投資するか、分散投資できるように商品を組み合わせることが必要と思いました。 中国はGDP予測は大きいですが、なぜか素直に選べません 投資初心者は選んじゃいけないような気もしますが・・・気のせいでしょうか?

どんな商品が良いのでしょうか

ここはまだ、具体的なイメージが固まっていません。  しかし ETFにはさまざまな週類があり 「株式ETF、債権ETF、その他のETF」更に株式ETFには国別、地域別など細分化されています。

株式ETF
国別ETF     日経、NYダウ平均 等々
地域別ETF    先進国、新興国株式
業種別ETF    金融株、医薬品株、自動車株 等々
債権ETF
組別ETF     アメリカ国債、英国国債 等々
地域別ETF    先進国、新興国債権
信用格付別ETF  ハイ・イードル債 等々

これだけあって、なおかつ 常に成績が良いETFを探す・・・というのは無理  実際には どれが上がって、どれが下がるというのは全く予測不可能なので、 常に成績が良いETFを探すのに労力を注ぐのではなく  上がるのも、上がるのもわからない つまりさまざまなETFに分散投資を行い かつ長期運用をおこなう ・・・という投資信託と同じ考えが生きてきます。

さまざまな分野のETFを購入し、トータルで世界経済の成長を享受できるようにする  という投資の基本パターンはここでも有効のようです。 となると、何年でどのくらいのリターンを目指すのか、それに合わせたポートフォリオ作りが重要では?!

ここはもう少し勉強してから記事を書きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする