みんなが持っている米国ETFは?/保有残高から見る人気ETF(2018年7月)

米国ETFの保有残高ランキングを整理します。保有残高ということは皆が持っているもののランキングなので流行りなどで左右される可能性は低く大いに参考になります。

米国ETF保有残高ランキング

保有残高ランキングを10位まで並べました。 いずれも皆が知っている有名ETFばかりです。 (楽天証券より2018年7月実績)

1 VT バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
2 PFF iシェアーズ 米国優先株式 ETF
3 VTI バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
4 VOO バンガード・S&P 500 ETF
5 VYM バンガード・米国高配当株式ETF
6 VWO バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF
7 SPY SPDR S&P 500 ETF
8 HDV iシェアーズ コア米国高配当株 ETF
9 IVV iシェアーズ・コア S&P 500 ETF
10 TOK iシェアーズ MSCI コクサイ ETF

やはり、S&P500をベンチマークにしたVOO・IVV・SPYは超人気、すべてベスト10に入っています。

S&P500連動のETFは日本で購入できるもので3つもあります。 つまり S&P500が米国の代表的な経済指数であることが容易に想像できます...

また全世界へ投資するVTも信頼性が高く保有している人ランク1位という結果です。やはり世界中へ分散投資する安心感が日本人に受けているようです。

以外だったのはPFFの保有残高の高さ、確かに配当が5%付くのでインカム狙いの方には人気だとは思っていましたが、まさか第2位とは思っていませんでした。 様々な金融系企業に分散投資した上で配当が5%というのはたしかに魅力的です。

PFFは「iシェアーズ米国優先株式ETF」といい、高配当ETFとして知られています。 経費率もそれなりに高いのですが それを打ち消して余りあ...

VYM・HDV共に米国ETFを代表する高配当株式ETFです。いずれもインカムとキャピタル同時に狙える優良なETF、ちがいはエネルギー関連の違いです。

高配当ETFとして有名なHDVとVYMですが、配当金を重視するならばどちらを選んだほうが良いのか比較をしています。 単純に配当率を見ればHD...

最近はSPYDという低コスト高配当も販売されています。 不動産系の組込が多いのが気になりますが、検討に値するコストの低さです。

「SPDRポートフォリオETFシリーズ」は先月に超低コストとして14種類のETFが販売されています。 それぞれ特徴がありますが、今回は高配当...

海外ETF買付けランキング

こちらは買付けランキングです。今の流行りのETFの順位、保有ランキングとは異なり、「TUR・iシェアーズ MSCI トルコ ETF」や「SPXL・Direxion デイリー S&P 500 ブル3倍 ETF」など面白そうなものも入っていますね。(楽天証券より2018年7月実績)

1 VT バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
2 VTI バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
3 VYM バンガード・米国高配当株式ETF
4 VOO バンガード・S&P 500 ETF
5 QQQ インベスコQQQ 信託シリーズ1
6 PFF iシェアーズ 米国優先株式 ETF
7 VWO バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF
8 TUR iシェアーズ MSCI トルコ ETF
9 HDV iシェアーズ コア米国高配当株 ETF
10 SPXL Direxion デイリー S&P 500 ブル3倍 ETF

保有残高ランキングと、買付けランキングでどちらもベスト10に入るETFは人気と実績があるということ、確かに米国王道ETFが並んでいます。

また米国の利上げの影響か債権ETFのBNDは見当たりませんね。

VT:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
日本では超人気のETFです。 米国の組込割合が50%を超えるのが気になりますが、世界中への分散投資、米国に偏らないという意味ではほっぽらかし運用ができるすぐれものと思います。

今回はバンガード・トータル・ワールド・ストック ETFを確認します。 VTは世界中の株式に分散投資するタイプ、米国での人気はいまいちですが、...

VTI:バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
米国の大・中・小型株ほぼすべてを組込んがETFです。 組込銘柄も約4000と分散も進んでいるのでどなたにでもおすすめできます。

ちょっと古いのですが、平成20年版科学技術白書 によると世界中の先進国の中で唯一米国のみGDPが伸びていくことが予想されています。 ...

S&P500:VOO
VOO・SPY・IVVいずれもS&P500をベンチマークにしているので大きな違いは経費率となります。 今回保有額ランクではこれら3っつは入っていても買付けではVOOしか入っていないということは経費率の違いで人気に差が出ているようです。

PFF:iシェアーズ 米国優先株式 ETF
やはり人気が高いですね、保有額でも買付けランキングでもトップ10に入っています。 私は一度売りましたが、株式暴落時には買いたいと思っています。

ざっと米国ETFの保有額・買付けランキングを見ましたが、やはり王道のETFが名を連ねています。 いままで投資をしたことがない、米国ETFは初めてというのであればこれらの中から始めるのは間違いない選択だと思います。

あとは株式はいつかは暴落するのでその時の心構えがあればきっと資産が築けるはずです。

いままで約5年間セゾン投信から資産運用を初め、 いろいろと投資について勉強してきました。  そこで感じたことを一度まとめておきますの...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする