5年やって やはりセゾン投信はすごい

投資を初めて5年目 やっと投資で資産を形成する方法のイメージが固まってきました。 投資の考え方や方法は人それぞれなので これが絶対に正解ということはありませんが 投資初心者の方にとって参考にできるかもしれません。

●長期運用で積み立て
●成長市場へ分散投資
●「下がったら追加で買う」 あとはほっぽらかし
●配当金は再投資

この4点を意識すれば誰でも投資で資産が形成できそうな実感が持ててきています。 詳しい知識がない投資初心者の方もここを抑えておけば どのような金融商品であっても正しいものが選べ、投資で資産を形成できると考えています。

長期運用

短期間に投資で資産を大きくしょうとすると、非常に大きなリスクがある商品に投資をする必要があります。 つまり儲けも大きいけれと 大損も覚悟しなければなりません。

社会人になってまだ日も浅いのであれば 保有している資産もまだ小さく 全てがなくなっても十分に挽回する期間があるので、大きなリスクをとった投資もアリです。 しかしある程度の 額を運用するのであればリスクコントロールは必須、 このため投資初心者は大きなリスクを取らずに市場の発展に合わせた長期投資を行うことが確実だと思います。

問題は、投資初心者は下がればビビって売りたくなりますよね、この心理はよく分かるのですが  下がったときに売るイコール損を確定させることになります。 これはやってはいけない行為です。

セゾン投信は 世界中の国や地域に分散投資をしていることはよく言われますが、 世界中の国や地域に分散投資をするホントの意味は、一時的に基準価額が下がっても世界全体では発展している つまり、基準価額が下がっても それは今後も下がり続けるということではないことを理解したいものです。

世界経済は右肩上がりで発展しているので 基準価額が下がるのは あくまでも一時的なものと考えられ 長期運用ができればカバーできるはずです。

個人的な意見ですが、セゾン投信が株と債権を組み合わせたグローバルバランスファンドを設定しているのも、積立投資を推奨しているのも この投資初心者がビビって投資をやめてしまう つまり 投資で損をすることを抑え、資産形成に役立ちたいのだと感じました。

なぜなら 投資のパフォーマンスだけを考えれば株オンリ-の達人ファンドが良いに決まっています。 でも株オンリーだと基準価額の上げ下げが激しいので あえて株と債権を組み合わせたグローバルバランスファンドを設定し リスクを抑えて 初心者の不安を解消しようとしたのでは?

また価格が下がっても そのときに買い増せば済む話ですが、やはり下がるのは心理的にやなものなので 価格を見なくても ほっぽらかしでも 資産が形成できるよう積立を全面に押し出しているのでは・・・と感じました。

条件だけ見ればセゾン投信よりいいものはある

2008年当時、長期運用を全面に出して個人の資産形成をうたった日本ではじめての投信です。 今となっては同じようなパフォーマンスで手数料がさらに安いファンドもありますが、条件の良いものだけでなく資産形成には向かないものも混在して販売しているので あまり好きになれませんでした。

まあ私がセゾン投信ファンというのもありますけどね~

成長市場へ分散投資

特定の銘柄を購入する場合、その銘柄が今後成長するのか どうかは判断が難しいものです。 このため さまざまな異なる動きをする銘柄を組み合わせてリスクを分散させるのですが、 何を組み合わせるか 以前に重要なポイントがあります。

どの市場へ分散投資するのか

例えば 日本の代表的な指標に日経平均があります。コレを長期間で見てみると1990年頃のバブル期を境に順調に下り続けている事が見えます。(最近はアベノミクスなどで多少は回復傾向ですが) つまりバブル期以降に 日本に分散投資し長期投資した人は資産を減らしていることが想像できます。

投資初心者は知識や経験が乏しいことを考えると当然 分散投資をすることが必須となりますが、分散投資をする先の市場が発展しているのか、衰退しているのかを見誤ると 全く効果がなくなってしまうのです。

日経平均の推移

では 長期間 右肩上がりで経済発展する ほぼ確実なものは・・・やはり世界中の国や地域への分散投資でしょう。  その意味でもセゾン投信のファンドは間違いないと思います。

「下がったら買う」 あとはほっぽらかし

実は私は積立をやめ下手に自分で考えてスポット購入していましたが、結局 毎月積立で運用していた子供口座のほうが明らかにパフォーマンスは大きくなっていました。

毎月積立を継続し、下がったときにスポット的に追加購入するのが 投資初心者にとっての王道です。

配当金は再投資

配当金を再投資し、長期間 複利で育てることは 改めて言うまでもなく資産形成の王道です。 お金が必要になったときには必要な分だけ解約すれば良いわけですからね。

セゾン投信を5年やってきて投資初心者が資産を形成できる工夫が込められているファンドだと改めて感じました。 もし投資に興味が出てきて色々な投資をしてみたと思ったら もちろんセゾン投信にだけこだわる必要はありませんが、 「長期運用 成長市場への投資 下がったときにはむしろ買い時、複利で運用」 は 外せません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする