実際に買われている人気の米国ETFを整理/2018年6月

日本で買われているETF何が人気なのか買付けランキングを確認してみました。 皆が買っているからこれを買えばOK、これが正解というわけではありませんが、特に初心者にとっては銘柄選択のときの安心材料になると思い紹介します。

米国ETF人気ランキング

海外ETF 買付代金のランキングが高い順に上位10銘柄を並べています。買付けが多ければその分人気と置き換えご紹介します。

順位

銘柄名

市場

1 VT バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
2 VOO バンガード・S&P 500 ETF
3 VTI バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
4 VYM バンガード・米国高配当株式ETF
5 HDV iシェアーズ コア米国高配当株 ETF
6 QQQ パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ
7 PFF iシェアーズ 米国優先株式 ETF
8 BND バンガード・米国トータル債券市場ETF
9 SPY SPDR S&P 500 ETF
10 IVV iシェアーズ S&P 500 ETF

(楽天証券:2018年6月1日~2018年6月30日)

中身をざっと見ると10銘柄中9銘柄までが株式ETF、債権ETFはBNDの1銘柄のみとなっています。

BND、AGGは債権ETFとしては圧倒的な人気、BNDとAGGはベンチマークが同じなので基本どちらを選んでも変わりないです。

10年債利回りは3.11%に上昇というニュースが入ってきました。 という事は米国の債券ETFは軒並み値を下げているはず、ということで米国債券...

米国FRBが利上げしており、債券価格が下がったことから買いやすくなったのかもしれません。ただ年内中に更に利上げが予定されているので、そのときにもBND・AGGは下がるものと思います。 このため購入はもう少し様子を見たほうが良いかもしれませんね。

VTは世界中への分散投資

積立とインデックス運用で長期的にリターンを狙うのであれば、投資先は成長市場でなければなりません。

その意味では間違いないのが世界中への分散投資か米国への分散投資、世界規模で見れば人口も増加しているので経済成長が見込めます。

日本人にとって世界中への分散投資するVTはかなりの人気、米国での人気はイマイチのようです。

VOO、IVV、SPYはS&P500ETF

S&P500ETFに連動するETFはVOO、IVV、SPYの3つがあり、同じベンチマークのためパフォーマンスは同じです。 ただ経費率についてはSPYがやや高く設定されています。

大型株500社で構成され、アメリカ市場の約80%を取得、高配当よりも高成長銘柄が多く組み込まれています。

https://yasukichi.work/wp-admin/post.php?post=405&action=edit

VTIは米国全体を買うETF

大・中・小型株式、約4,000銘柄から構成され米国株式時価総額のほぼすべてをカバーしています。

ちょっと古いのですが、平成20年版科学技術白書 によると世界中の先進国の中で唯一米国のみGDPが伸びていくことが予想されています。 ...

VYM・HDVともに高配当ETF

VYM・HDVともに高配当ETFですが中身はかなり違います。 HDVの組込銘柄は米国の高配当銘柄 約80、VYMが約400なのでVYMの方が分散が進んでいますがその分配当はHDVよりは低め、大きな違いはエネルギー関連の有無です。

高配当ETFとして有名なHDVとVYMですが、配当金を重視するならばどちらを選んだほうが良いのか比較をしています。 単純に配当率を見ればHD...

QQQはNASDAQナスダック 100に連動するETF

QQQは成長著しいIT系銘柄が6割を超えるETFでかなりの高パフォーマンスを発揮しています。

QQQは今回はNASDAQナスダック 100に連動するETFです。 純資産も4.1兆円と大きく人気のETF、IT系の企業株価を反映する指標と...

PFFは金融系ETFで高配当
金融系を中心に295銘柄が組み込まれています。このためチャートの動きは少し特徴的です。

PFFは「iシェアーズ米国優先株式ETF」といい、高配当ETFとして知られています。 経費率もそれなりに高いのですが それを打ち消して余りあ...

人気上位10銘柄を見ると、すでに持っているETF・検討したことがあるETFばかりです。

これらを一言でくくると この様になります。
・バランスよくキャピタルをねらうのであればVT、VTI、VOOなど
・高配当とキャピタルを同時に狙うのであればVYM・HDV
・高成長のIT系であればQQQ
・高配当はPFF
・債権はBND

各ETFについては個別の記事など是非参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする