LQDは投資適格社債のETF/THEOさまが組込んだので調べてみた

LQDは「iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF」 米ドル建ての投資適格社債と同等水準の投資成果を目指します。

米国の格付けが高い社債にまとめて投資するETFなので、政府系のETFであるAGGやBND肉れべればやや信頼性が劣るイメージですが、1800以上の銘柄に分散投資しているので、分散としては十分なレベルだと思います。

Markit iBoxx米ドル建てリキッド 投資適格指数

また分配金の利回りが約3.3%とAGGと比べれば高くなっています。 また経費率も0.15% AGGの0.05%と比べればやや高いと言えますが、0.15%でも十分に安いレベルと言えます。

では組込銘柄上位を見てみましょう。

組込上位10銘柄(2018年07月18日 現在)

銘柄名 業種 保有比率(%)
VERIZON COMMUNICATIONS INC 144A 通信 0.59
ANHEUSER-BUSCH INBEV FINANCE INC 非景気循環間消費 0.45
ANHEUSER-BUSCH INBEV FINANCE INC 非景気循環間消費 0.42
GE CAPITAL INTERNATIONAL FUNDING C 金融法人 0.41
BLK CSH FND TREASURY SL AGENCY キャッシュ等 0.35
CVS HEALTH CORP 非景気循環間消費 0.33
CVS HEALTH CORP 非景気循環間消費 0.32
ANHEUSER-BUSCH INBEV FINANCE INC 非景気循環間消費 0.25
GOLDMAN SACHS GROUP INC 銀行業 0.24
BANK OF AMERICA CORP 銀行業 0.23

資産構成(2018年07月18日 現在) 

業種 保有比率(%)
銀行業 27.88
非景気循環間消費 19.06
通信 11.64
テクノロジー 10.3
エネルギー 9.87
景気循環消費 7.26
保険業 3.4
資本財 3.24
電機 2.04
素材 1.84
輸送 1.12
金融法人 0.72
証券会社・資産運用会社 0.48
不動産投資信託 0.47
天然ガス 0.3
無保証政府出資 0.19
キャッシュ等 0.13
他の各種公益事業 0.05
他の各種金融サービス 0

米国を代表する大企業がたくさん並んでいますが、銀行業が27%というのも特徴になっています。

信用格付け

信用格付け 保有比率(%)
キャッシュ等 0.13
AAA 2.75
AA 7.96
A 42.42
BBB 46.57
BB 0.18

格付けで見ると「A・BBB」で約90% その分 分配金の利回りが約3.3%と高いのでしょう。

LQDのパフォーマンス

債権ETFのLQDですからAGGとトータルリターンを比較をしてみました。

EPIトータルリターン(過去11年)

過去11年のLQDのトータルリターンはプラス77.2% AGGが52.9%ですからパフォーマンスはLQDの方が明らかに上です。 その分格付けが低めですが25%の差をどう見るかです。

また過去10年のS&P500のリターンが7.31%であることを考えるとLQDのパフォーマンスは中々のものだと言えます。

また、リーマン・ショック時の値動きを見てみるとAGGが一時的に落ち込みましたが、すぐに回復しています。 それに対してLQDは元のレベルに戻るまで2年ほどかかっています。

リーマンショック級の暴落に対して備えるのであればAGG、とにかく価格の変化を気にしないで長期保有をするのであればLQDという感じでしょうか?

米国債権といえばAGGかBNDと言われるほどメジャーな存在です。政府系の債権が多いので安心できますが、パフォーマンスから言うとLQDも魅力です。 ちなみにAGG、BNDはベンチマークが同じなのでパフォーマンスは一緒です。

10年債利回りは3.11%に上昇というニュースが入ってきました。 という事は米国の債券ETFは軒並み値を下げているはず、ということで米国債券...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする