VTVは米国大型割安株/THEOさまが組込んだので調べてみた

VTVは「バンガード・米国バリューETF」 米国大型の格安株、バリュー株というやつです。 組込銘柄は約330銘柄のバリュー株へ分散投資、それでいて経理率は0.05%と低く大型バリュー株狙いであれば要チェックです。  インデックスは「CRSP USラージキャップ・バリュー・インデックス」

CRSP USラージキャップ・バリュー・インデックス

ベンチマークは「CRSP USラージキャップ・バリュー・インデックス」大型のバリュー株に分散投資、配当は2.40% (※17/05/17現在)となっています。

組込上位10銘柄

Microsoft Corp. 5.70%
Berkshire Hathaway Inc. 3.1
JPMorgan Chase & Co. 3.1
Johnson & Johnson 2.8
Exxon Mobil Corp. 2.6
Bank of America Corp. 2.4
Intel Corp. 2
Wells Fargo & Co. 1.9
AT&T Inc. 1.8
Chevron Corp. 1.8

セクター別の構成比率

金融 25.40%
テクノロジー 14.5
ヘルスケア 14
資本財 10.8
消費財 8.8
石油・ガス 7.5
消費者サービス 7.1
公益 5.2
通信サービス 3.5
素材 3.2

大型バリュー株ETFなのに、以外にテクノロジー系が多く14.5%ものウエイトを占めています。 組込銘柄のトップに「Microsoft.corp」があるのもほんとにバリュー株かよ・・・と言いたくなりますが、VTVにはこれらの銘柄が組み込まれています。

また高配当ETFのVYMも実は大型バリュー株といったスタイル、経費率はほぼ同じで配当がVTVよりも0.5%程度高く2.78%となっています。 VYMはVTVに比べて特に高配当銘柄のバリュー株を集めたETFということですね。

VTVのパフォーマンス

同じ大型バリュー株のVYM、大型のグロース株ETFのVUGでパフォーマンスを比較してみましょう。

やはり最近のテクノロジー系の組込が大きいグロースETFのVUGが強いですね。 セオリーではバリュー株のほうが成績は良いはずなのですが やはり今どきのテクノロジー系の銘柄を多く組込んだグロースの方が最近は良い傾向です。

またVYMとVTVの比較で見るとややVYMが有利という結果になっています。

では配当含めたトータルリターンを見てみましょう。

VYMとVUGは最近までいい勝負をしていましたが、ここ半年くらいでVUGに対してビハインドしています。 残念なことにVTVは更にビハインドですね。

過去10年のトータルリターンでは VUG:203.8%  VYM:174.3%  VTV:152.0% 

この結果から普通であればVYMかVUG、グロースが気になるのであればVTIという選択肢が生まれると思います。 しかしあえてVTVを選ぶ理由まではわかりませんでした。

しかし、ロボアドTHEOさまが選んだETF、そのうちきっと驚くような理由、ネタバラシをしてくれるものと期待しています。 ということでしばらく私はVTI,VYM中心で投資継続です。

ロボアドバイザーTHEOのポートフォリオです。 聞いたことがないETFばかりですが、これが将来どのように効いてくるか楽しみです。

SBI証券で扱っているロボアドはWealthNaviとTHEOの2種類、どちらも一任型で売買からリバランスまでロボアドがやります。 昨年度の...

有名なロボアドにはTHEOだけでなくWealthNaviがあります。簡単におさらいしてみました。

SBI証券で扱っている WealthNavi、THEO どちらも投資一任型のロボアドで、WealthNaviはロボアドの草分け、それに対して...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする