【50歳からの株式投資】VYMの分配金が振り込まれました/円安の今分配金について思うこと

雑記
スポンサーリンク

いつの間にかVYMから分配金が入金されていました。やっぱり分配金はいいものですね、何もしなくてもお金がチャリンチャリンと入ってくるので、それを使ってしまってもいいわけですし、さらに再投資をしてもいいわけです。

それに、今はかなり円安が進んでいるので分配金を使っちゃう人にはチャンスかも知れませんね、過去5年のチャートを見ても一番の円安です。

やす吉家では配当金は来年の余裕資金に回すようにして、今年の余裕分は昨年の分配金を使っちゃっています。なので早速円転しちゃいますかね〜!?

スポンサーリンク

分配金は例年通り

分配金は1口あたり$0.66なのでほぼ例年通り、期待通り安定しています。

Q1:$0.66

今年増配してくれるかどうかは1年通して見てみないとわかりませんが、過去からVYMの分配金は安定して増配してくれているので安心してみていられます。

・・・ちなみに高配当で有名なSPYD、利回り税引き後でも4%くらい取れると大人気ですが、過去5年の実績を見るとどうも増配する元気がイマイチですね。

これに対してVYMは元気です。利回りは3%以下なのでインパクトはないですがほぼ毎年増配しています。単純計算ですが分配金は5年で30%も増えました。

2021:$3.1
2017:$2.4

一方で利回りは高いもののなかなか増配してくれないSPYD、今後どうなるかはわかりませんが過去の実績から見れば長期保有前提ならばVYMっていい選択じゃないかなと思うのです。

ちなみにVYMの過去の分配金実績を確認してみると、リーマンショック後に減配していますが、2010年以降は連続増配しています。11年で約2.8倍ですからかなり強力ですね。

やす吉が年金をもらい始める7年後、VYMの分配金がどのくらい増配してくれているのかかなり楽しみです。

過去の実績から皮算用して今の分配金よりも1.5倍くらいになっていると嬉しいのですが・・・

スポンサーリンク

有事の円買いじゃなかったっけ?

昔から有事になれば円が買われて円高になる!!なんて言われてましたがウクライナ戦争ではその逆が起きています。

戦争が始まってからドル円が120円まで下がりましたからね

なぜ!?日本は対外資産が世界一大きい、つまり海外に貸しているお金と借りているお金を比べると貸しているお金が世界一多いので世界一安心・・・というのが有事に円が買われる理由なんて説明されていましたがどうも状況が変わって来たようです。

想像するに・・・

米国は利上げしていくのに日本を含めて他国は利上げできない状況、そうなれば米ドルが買われるのは当然ということ、金利のつかない通貨よりも金利がつく通貨にお金が集まりますからね。

これ、つまり米国企業の儲ける力が強いので米国は利上げに耐えられるという事、日本は利上げはまだまだでしょうから当面は円安傾向でしょうか?

あとは世界的にエネルギーや小麦などコモディティ価格が上昇しています。企業の原材料調達コストが上がるわけですけれど、日本の場合は価格に転嫁できないというのもその一因なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

外国資産を保つ意味はますます高くなってきた

当面は円安に振れると思いますが、中長期的にどうなっていくのかはわかりません。言えるのは、私達は日本に住んで円を使って生活していますから・・・

1)今米国の資産を持っている人は円転して使えば為替の影響でお得に
2)逆に円しか持っていなければ原油や小麦価格の高騰の影響をモロに受ける

なので生活防衛費や通常消費するお金は円で持つとして、余裕資金くらいは円とドル資産両方持っている方がいいですよね。

円安傾向:ドルを円転して使う
円高傾向:円をそのまま使う

やす吉が高配当日本株式を買い始めたのもこれが理由、米国の高配当ETFと日本の高配当個別株のどちらも持つことでただ分配金をもらうだけでなくもっとお得活用できるはずです。

以上、VYMから1Qの配当が出たので思うことを買いてみました。
なにか役に立つことがあったでしょうか!?
それでは、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました