【50歳からの株式投資】暴落はチャンス/こんな時だからこそレバレッジファンドを検討したい!!

株式投資
スポンサーリンク

突然ですがS&P500ベア3倍のSPXSを買おうか検討しています!! 今年は米国の利上げが予定されている中で、ウクライナ戦争によるロシア経済制裁と非常に混沌としてきました。とはいっても長期で見れば米国株は成長するでしょうから暴落したら楽天VTIやVYMを買い増す作戦に変更はありません。

感覚的ですがリーマンショック以降一番の危機じゃないですかね、「米国のインフレ、利上げ、ウクライナ戦争とロシアへの経済制裁」が重なっているわけですからね、でも折角不安定でボラティリティの大きな状況になりそうなので、半分勉強のため資産のごく一部を日本の高配当株買い増しと少し前まで大人気だったレバナスなどレバレッジ型のファンドの購入を考えたわけです。

日本の高配当株については26銘柄購入したので様子を見ながら、またまとめてみたいと思いますが今回はレバレッジについて。

レバレッジは短期でタイミングよく購入・売却できればかなりのリターンが期待できます。でもレバレッジは上級者向けの商品ですからちょっとどんなものか試してみたくなったわけなんですね。

それに昨年まではレバナスの愛称で「iFreeレバレッジ NASDAQ100」が大人気でしたが、この状況ですから価格は大きく下げていくはずです。そうなれば少額でちょこっと試してみるなんてことも可能です。

せっかくの環境変化なのでうまく利用して経験値をあげられればラッキーということで…

スポンサーリンク

レバレッジの運用イメージ

まずレバレッジといっても大きくブル・ベアの2種類があります。ブルは指数が上がれば同じ方向で上がりますが、ベアは指数と逆の値動きをします。

今年に入って株価は下落傾向ですから、今はベア型が値を上げていますね。そして相場が上がり始めたらブル型に乗り換えるなんてことを上級者の皆さんはやっているのでしょう。

やす吉もこの波に乗れるか少額でチャレンジしたい

もちろん投資のコアは楽天VTIとVYM、ここは崩さずにリスク資産の1〜2%くらいで勉強してみるイメージです。もし儲かったらVYMの購入資金にあてますし、レバレッジの長期運用のイメージはありません。

スポンサーリンク

レバナスを買うか?

昨年は「レバナス・ツミレバ」という言葉が流行りましたが、レバレッジ商品の積立はしません。積立といえば長期で右肩上がりが期待できるファンドにドルコスト平均法で淡々と積み立てるのが基本、確かに米国は長い目で見て右肩上がりをしていますが、なにか前提条件が違う気がするからです。

なのでレバナスであればとことん値が下がったら買う

ここは下がるのをじっくりと待ちたいです。もともと不安定な環境に加えて米国は利上げ直前ですから割高なグロース株から資金が流出しています。これに伴ってQQQ(NASDAQ100)は値を下げていますし、このレバレッジ商品であるレバナスは更に大きく下げています。これに対してVYMのようなバリュー株は堅調なのを見れば何が起きているのか想定できますよね。

現時点で昨年12月の3割減くらいでしょうか?グロースからの資金流出は始まったばかり、バリュー株のターンに入ったと思われるので当面はこの流れが続くように思います。

iFreeレバレッジ NASDAQ100

ちなみにグロース株ETFのVIGにブル3倍をかけたTECLはすでに半分まで値を下げています。

どのくらいまで下がれば買うか・・・どうもレバレッジ型に逆張りが通用するのかちょっと疑問ですが一応NASDAQ100は2000年のドットコムバブルのときで1/3まで、2007年リーマン・ショック時には半分くらいまで値を下げています。なのでイメージとしては「iFreeレバレッジ NASDAQ100」は直近の最高値から8割くらい下がったら、つまり基準価額が8000円くらいになったら検討開始で考えています。

それまでは下がるのをじっくりと待ちましょう

スポンサーリンク

どの商品で初めてみるか?

環境が混沌としてきましたが、ベテランさんには大きなチャンスが来たと見えているはずです。ただレバレッジ初心者のやす吉は特定のセクタの値動きは予測困難のため、やはり米国全体のS&P500をベンチマークにした「ブル3倍のSPXL・ベア3倍のSPXS」で検討してみます。

ただ経費率高いですよね、0.95%なんて最近ちょっと見たことありません。IVVやVOOが0.03%ですから長期運用には向いていないのは明白です。

でも高い経費率でも長期保有したらペイできるんじゃないと思ったあなた、2000年のドットコムバブルのように2年以上ダラダラと下がり続けるととんでもないことになってしまいますよ。(当時SPXLはまだないのですが、もしあれば90%くらいは下がったのでは・・・)

SPXL・SPXS過去2年

過去3ヶ月のSPXLとSPXSのチャートです

今年に入ってS&P500が下落傾向、これに伴ってブル3倍のSPXLは大きく下がっているのに対して、ベア3倍のSPXSは大きく値をあげています。

これだけ見れば単純にベア3倍のSPXSを買う・・・となるのですが、今は「プーチンの暴走・インフレ加速・エネルギ価格」等々の不安定要素が大きく当面は下落傾向、そのうち不安定要素が払拭されてくればまた上がってくると思われます。

しかしレバレッジ型は市場がもみ合えば徐々に価格を下げる特徴があるので方向性が定まらない中ではなかなか買いにくい商品です。 さっきまでSPXS買うぞと思ってたんですが、考えれば考えるほど手が出しにくい商品ですね・・・

とはいえ、チャンスであることは間違いないのでもうしばらく検討を進めてみたいと思います。
投資は自己責任ですからみなさんも納得の上でこれから来るチャンスを上手く生かしてください。
それでは、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました