【50歳からの株式投資】投資に簿記は必要か!?/やす吉はクレアールに申し込みしました

雑記
スポンサーリンク

ついにクレアール簿記3級口座の申し込みをしてしまいました。株で儲けるのに簿記って意味あるの?・・・なんて意見も多くあるのを承知での申込みです。

そもそも簿記とは

簿記とは、企業などの経済主体が経済取引によりもたらされる資産・負債・純資産の増減を管理し、併せて一定期間内の収益及び費用を記録することである。より平易な言い方をすると「お金やものの出入りを記録するための方法」である。(Wikipedia)

つまり簿記は株式に役に立つの?・・・というのは簿記は過去のお金の流れを財務諸表に記録するものです。つまり過去の実績を分析することはできるけれど未来を図るものじゃないんですね。特に株式は人気投票なんて言われることもあるように株価が上がる期待から買われることもあります。なので簿記の知識だけで儲かるなんてことはないわけなんです。

スポンサーリンク

株式で重要なのが未来の予測

もし経営陣が業績予想で強気の予想を出せばそれだけ注目を浴びますし、コロナ禍ではPCR検査や新薬に関係する企業は株価に大きな影響が出たと思います。

常に未来を予測して当てに行くことが重要

でもこれって個人投資家が行うのは無理ゲーじゃないですか、要するに株価の未来を予測して上がるもの、下がるものも当てていくということなので過去の業績だけでは判断できないのは当然ですね。

今後企業がやろうとしていること、予想される結果、外部環境など様々な情報を集めて判断するので、これが面白い、趣味という人じゃないと続きそうもありません。

なので、あまり手間を掛けずに程々のリターンを得たいと考えるやす吉にとって、キャピタルゲイン狙いの個別株投資は相性が悪そうな投資方法だと思います。

スポンサーリンク

確率が高いのがインデックス投資

わからないことを予測する事自体は面白いと思いますが、それで自分の資産が減っていっては元も子もありません。

でもインデックス投資の様に時間がかけられれば確率高く勝てる投資方法もあります。この投資方法のポイントは難しい予測をする必要がないのにキャピタルゲインが狙える投資方法

そのキモは短期的に上がるか下がるかはわからないけど、長期的にみれば成長が期待できる市場へ幅広く分散させること、金融庁が進めているつみたてNISAもこの考え方がベースにあります。

市場=経済指標を間違えなければ、いずれ成長していくという投資方法なので、指標がきまればあとは「長期運用・積立投資」を続けるだけ、細かな分析や情報集めは原則いりません。

原則といったのは、暴落したら買い増すくらいはやってもいいかなと思うから、そのほうが資産が増えるスピードがUPしますからね。

ちなみにやす吉も投資のコアは米国株のインデックス投資です。

スポンサーリンク

日本株を買うなら個別株

でも日本の株式も「為替リスクがない・二重課税問題がない・配当控除がある」と非常にメリットがあるので日本株式を無視するのはもったいない。

ところが日本株式を見てみると右肩上がりで成長すると信じられる経済指標が無い。つまりインデックス投資向きではない市場と言えそうです。

理由は色々とありそうですが少子高齢化、すぐに税金をあげたがる政治、物価上昇に追いつかない給料・・・など色々とあるのでしょうが、であればこそ成長市場へのインデックス投資はマストだと思いますよね。

ちょっと横道にそれましたが、日本に住んで日本円で生活しているわけですから日本株のメリットも享受したい。でも右肩上がりと信じられる経済指標が見当たらないわけなので、となれば個別株を組み合わせるしか無いわけです。

個別株はインカムゲイン狙い

最初に書いたとおり個別株で未来を予測し当てにいくのは始めから無理だと思っているのでキャピタルゲイン(売却益)ではなくインカムゲイン(分配金)を狙っていくことにしました。

インカムゲインを狙うのであればその企業価値の判断に重要度が増してくるはず、判断ができなければバリュー株と言われる割安で業績が良い株式を見つけるなんてことは無理だよね・・・
でも企業価値の判断ってどうするの??IRBANKをみてもさっぱりわからない

これが簿記3級を取ろうと考えた理由です。なので個別株でインカムゲインを狙うためには簿記の知識があればOKといっているのではなく、企業価値判断に簿記の知識が使えるのではないか!? ということなんです。

今回申し込んだクレアールは両学長イチオシ、約1万の自己投資で最低限の簿記の知識が得られるならば安いものです。そして優良な個別株を安く見つけることができればそれだけで元が取れてしまいます。

米国のように優良な経済指標が日本にもあれば何も考えなくてもいいのでしょうが、無いものはしょうがないのでこれからも色々と試行錯誤を続けていきたいと思います。

以上、なにか役に立つことがあったでしょうか!?
それでは、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました